2012年03月31日

観光立県は誰が造るか

20120331ohkitatunnel.JPG

平成24年3月30日(金)

名護市に新たな道路が開通した
「名護東道路」その殆どがトンネルだ

名護市内からどこへ行っても15分以内で結ぶ
今は亡き前名護市長「岸本建男」氏の公約だった
志半ばで他界したが
彼の言葉通り
名護市は急ピッチで道路網が整備されている


ローカル紙「沖縄タイムス」から
県内最長トンネルも 名護東道路が一部開通
地域 2012年3月30日 15時14分
(25時間6分前に更新)

「【名護】県内最長1976メートルの「名護大北トンネル」や、1170メートルの「幸地又トンネル」を含む国道58号名護東道路の一部4・2キロが30日午後3時、開通した。名護市世冨慶から伊差川までの自動車専用道路。通行無料、2車線で制限速度は時速60キロ。交通渋滞の緩和、住民や観光客の利便性向上が期待されている。」(以下略)

この道路は「大北」「世冨慶」そして「数久田」を結ぶ
全線三つのトンネルで結ばれるようだ
「世冨慶・数久田」間はこれからだ
この区間が出来て始めて実用的となる

とは言っても
私にとっては大助かりだ
羽地支所へは「瀬嵩・羽地ダム」を経由する
羽地の伊差川運動公園へは
トンネルを抜けて国道58号との交差点を右に
すぐそこだ

20120327sunseting-2.jpg

環境は整備され

20120327nagowanKujira3-2.jpg

鯨も帰って来た


自然環境は整いつつある
名護は今良い方向に向かおうとしている
うまくいけば
名護市で宿泊する客も増えるのではなかろうか


その様になる前提条件がまだまだある
その一つが「食」だ

観光客などがたまたま入った店で
美味しかった〜
等と言って貰える環境作りが求められる


特に「名護そば」
「食」については
名護には多くの有名店がある
まず挙げられるのは「名護そば

メイクマン敷地内にある
我部祖河食堂」

宮里公民館近くの
宮里そば

許田・道の駅 隣
琉球薬膳料理ぬちぐすい

世冨慶と数久田間の国道沿いにある
琉球料理名護曲
(たしか七曲がり食堂だったのでは?)

名護市内みどり街入り口
そば」おおしろ

中央外科近く、みどり街にある
八重食堂

ラーメン店はたまにしか利用しないのだが
河童軒

洋食では中央外科前の通りと城通りの交差点近く
プチリナ」(ランチタイムは最高)

伊豆味線の中山にある
大屋」(うふやー)

さらに伊豆味線を進と道路沿いに
中山そば

まだまだ書き足りないのだが
とりあえずここら辺で抑えておこう

ここに書き上げた店は
いつ行っても味が安定している店
それぞれ特徴があって美味しい
(それ以外にも良い店はあるぞ
最近よく行っている店だけ挙げたので抜けがある)

二度と行かない店
久辺三区は抜きにして
他のいくつかの食堂やレストランに課題がある

特に最悪だったのは
自動車道の名護向け伊芸サービスエリア
ここのラーメンは最低だった
思い出す度に未だに腹が立ってしまう

ここは利用しない方が良い
そこを出て直ぐに「許田・道の駅」がある
その裏手に「ぬちぐすい」があるではないか

もう閉店となるとか聞いている
「名護漁港」の「食堂」
何を誤ったのだろうか
実に解せない食材の取り合わせと
訳の分からない料理がいくつかあった
システムも最悪
持つ訳がなかろう

まっ
唯一の救いは「天ぷら」
まだまだ食べられる

20120329futamisoba-2.jpg

さて、その様な訳で最近行った店だが
どちらも「名護そば」を掲げている店だった

「そば」(麺)と「ぢー」(だし汁)が
全くバラバラ
それぞれが別物という味がしたし
中には出汁も極端に薄く、そばと絡まない

その上、トッピングされている

「三枚肉」
「軟骨ソーキ」

これらの味が全く美味しくない
出汁を取った後のスープと同じ味
ぱさぱさと乾燥した肉のような
食感も何もとにかくおいしさを感じなかった

結局
二日間にわたって昼食で入ったのだが
今後の改善を期待したいが当分行くことはない

何が足りないか
まず、誰を対象にするかだ
とにかく美味しければ

「そば」おおしろのように
例え駐車場が無くとも食べに行く

伊豆見の「食堂ちえ」のように
遠くても行く
最も最近は値上げしたとか聞いている
費用対効果が見えてこない
それでも機会があったら行きたいと思っている

沖縄人(うちなーんちゅ)は
行列が出来る店には入らない
待たされる店には入らない


こんな店があった
名護市の北の果て「源河」
その次は「津波
海抜0メートル地帯に建物があった

そこの食堂の味はとにかく「塩辛い」
対象は夏場汗をかく労務者
塩分をほしがってのことだと聞いた

このような店が
「秋田県」にもあるとテレビで観た

病人食ならそれ向けに書いてあればそれで良い
いずれにせよ
誰が食べても美味しいというのは
絶対にうける

その味を変えることなく丁寧に守り続けていけば
客は必ず礼を言う

「ありがとう」
「美味しかった」
「また来ます」
「友達にも紹介します」
など

客から思わず「来て良かった」と発せられる言葉
この言葉を貰えるかどうかが
食を提供する店には求められる
そして客はリピーターとなる

私にも
その様な言葉を言わせて貰いたい
なんべんも通う店であって貰いたい

観光客がたまたま通りすがりにやって来て
全く美味しくない食べ物を出されたとしたら
これが沖縄の「名護そば」なのかと
絶対にどの店でも注文などしなくなるだけでは無く
口コミで悪い噂が広がっていく

あるホームページのコメント欄に
「沖縄そば」について次のように書かれていた

沖縄そばは自分で作って食べるものではなく
食堂などで食べるものだ


今の時代
書き込みひとつで客足が左右される
ぜひとも
取りこぼしがないよう
どの店にも求めたい

「衛生」
「安定した美味しい味」
「目的に合った食堂の環境」
「費用対効果」


オーナーは日々改善を行い
自ら提供した料理に責任を持つべきだ

客は観ているぞ
一人の間違いが
名護市の食産業に大きな影響を与えてしまう
その様な危険性が潜んでいることを


ところで
那覇市の奥武山にあった
「那覇そば」
今どこにあるのだろうか・・・猫

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 18:43| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261508109
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Pingoo!カフェ
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。