2007年01月06日

普天間飛行場移転先問題

普天間飛行場・名護市辺野古移転問題が持ち上がって12年も経った
I字・V字だと未だに騒いでいる
米軍基地は、あったらあったで問題が多く
かといって全く問題だらけだと言うことでもない
  昨日も米兵と楽しく呑んだ
  こいつには汚く罵られたこともあるが、普段は良い人間だからだ
  あっ、今思い出した。3軒はしごして、こいつにおごってしまったっ...

ひとつ付け加えておきたいことがある。「事件を引き起こすのは一部の人である」と言うことである

「個人としてつき合うには問題ない」が「集団ともなると、彼らは組織人となる」いざ戦争ともなると、地元の人は逃げ場がないが、連中は地下シェルターに隠り、一年以上も持ちこたえることが出来ると言う
(今は無き私の父は、実際にそれを確認している・ここら辺は防衛上の問題となる可能性があるので、話はここまで)
では、我々はミサイルが飛んできたらどこに逃げる
もっとも、最近パトリオットが配備はされたが、事が起こっては逃げられない

米軍基地の問題点を個人的に挙げてみる
 1.被害は個人が負っているにもかかわらず補償問題解決策の大半は団体補償
   となる
   問題提議もしない傍観者であった人が、補償金が下りると聞いたとたん、
   「自分も被害を受けている」と言えばその人にも見舞金が支払われる
 2.個人補償があった場合の補償金額は被害に応じた額以下だ
   なぜなら、見舞金だからである
 3.被害は基地がある限り永遠に発生する
   ただ、表に出るかでないかの違いだけだ
 4.事件を引き起こした米兵が基地内に逃げ込んだり、MPに引き渡されたり
   したら、被害を受けた者への保証はないことを思い知ることになる
 5.米兵は、「自分たちは命をかけて日本を守りに来ている」と信じて疑わない
   この様な輩に限って暴力沙汰を多く引き起こす・その被害者は我々だ
 6.戦地に赴く兵士は気がいらだっており、何でもないことで怒り出す
   多くの事件はこの辺から起きている
 7.兵士の多くは、18〜22才程度と若く連中のいたずらは限度を超えている
 8.暴走、飲酒運転、窃盗(多少であれ)、暴行、婦女暴行、罵声
   沖縄原住民へのさげすみ(もっとも最近はほとんど感じないが)

挙げればきりがない
日本政府にはもっと問題が多い
 1.基地被害が出たら、基本的には絶対にないと言い張ることから始まる
 2.被害者には絶対に謝らないという姿勢から交渉に入る
 3.米兵擁護がまず重要であり、地元民は蚊帳の外に押しやられる
 4.米兵に殴られたら、結局殴られ損と思い知る
 5.日本政府は、地元原住民を「自分らと同等の日本国民」とは思っていない
 6.こんな姿勢だから、被害を受けたら泣き寝入りするより他無いのだ
   被害を受けた少なくとも50代以上の沖縄原住民はそう思っていると思う
 7.日本人の一部の人ではあるが、人種差別がなくならない限り
   沖縄原住民に対する理解は全く進まない
    例 ・海洋博時代の本土出身警察責任者の「方言禁止令」発言
      ・某飲食店の「沖縄人お断り」の張り紙

      ・昨年、某テレビ局が開催した「米軍基地問題」の討論会で
       沖縄側から発言した高齢女性の発言に「そう興奮しないで」と
       話を打ち切った無理解確定の出演者(パネラー)がいた
        沖縄問題で高齢者から発言を求めようとする場合は
        高齢沖縄人は、日本語が下手なのをまず知っておく必要がある
        日本人は、単一民族、単一言語、単一歴史ではない多民族だ

      ・戦時中の日本兵から受けた暴挙は、数え上げればきりがない
      ・沖縄だけが戦争で被害を受けたわけではないという輩がいる
        そりゃそうだ、広島、長崎にとどまらず被害は甚大だった
        米軍の残った沖縄は、戦争に関係ない我々にまで問題を残した
        ことをなんとする
        いろいろな問題が重なり、その結果引き起こされたコザ事件
        沖縄人の大多数が体感した「喜び」であった
        その結果復帰となったのだ

基地問題とは、その発生が無くなり、歴史上被った被害をその受けた側が
「もう忘れよう」と言い、そのことを被害を受けた側が子や孫にも伝えるまで
永遠に続く、恐ろしい怨念から発する問題なのだ

日本政府は、そのことを理解し、被害を与えた近隣諸国に真摯に対応しない限り、今後も永遠に「日本は」と言われ続けることになる
普天間基地問題は、新たな基地被害を引き起こす
その補償は、われわれの税金が補う...基地がある限り永遠に..
posted by nagmas at 01:14| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

ヘリ基地反対コンサート

ヤフー経由琉球新報社の記事に次のようなことが掲載されていた
「ピースミュージックフェスタ!辺野古'07(同実行委主催)が24、25の両日、名護市辺野古の海岸で開かれる。昨年に次いで2度目の今回は県内外から27組のミュージシャンが参加。普天間飛行場の移設が予定される辺野古の地で、新たな基地建設への反対のメッセージを込めて民謡、ロック、ポップス、レゲエ、ジャズなどあらゆるジャンルの音楽を奏でる。」

当日、辺野古区では、2カ年持ち回りの区民展示会が開催される
反対派の集まる海岸へは、公民館のそばの道路を通ることになる
全区民が楽しみにしている行事の最中に、他の団体が断りもなく
区内をかけずり回り、勝手に騒ぐことになる

以前、久辺同窓生駅伝のまっただ中に入り込んで、「ヘリ基地反対」と
拡声器でがなり立てた輩がいた
私の乗車していたトラックのすぐ後ろだった
即座に抗議したのは言うまでもない

また、大晦日から明け方にかけて
拡声器を浜から住宅街に向けて、下手な歌をがんがん歌いまくる反対派集会があった
寝られなかったのは、私一人ではない
即座に当時の代表に抗議したが、私の主催ではないと言われた
誰が主催したのかも分からなかった
名護市の謀議員もいたが、区民にいやがられるような反対をしていいのかどうか

謀議員は、拡声器の音量を最大にして辺野古区内でがなり立てる
一度は聞いてみると良い
この音量は、ヘリコプターのエンジン音より大きい
・考えてみてくれ、辺野古には、飲み屋街があり、深夜まで皆働いている
・夜勤の人も、子持ちもいる
・病人もいるぞ
こんな仲で独りよがりの宣伝活動をして良いのかどうか

今回も、全く地元無視の暴挙である
このまま反対派と言われる輩をのさばらしていいのか疑問だ

私自身、ヘリ基地反対市民総決起大会の際
壇上に上がって、基地被害の問題点を訴えたが
今では、反対派の引き起こす被害に腹を立てている

見てきたらいい
地元区民が何名あそこに立てこもっているか
皆、他人だ

私は、未だに基地には反対している
しかし、地元民がいやがる方法でやることはない
私自身も地元民だ

今度の区民展示会は、新しい公民館が出来て
新たな気持ちで臨もうとしている行事だ

お願いだ、辺野古区行事に参加する人以外は来ないでくれ
いや、来るな
posted by nagmas at 00:35| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

米人少年通り魔的発砲負傷事件に思う

ヤフーニュース・地方版・琉球新報記事に、「米人少年発砲事件」が取り上げられていた

「【北谷】8日に北谷町で起きた米人少年による空気銃とみられる発砲事件を受け、沖縄署は10日、殺人未遂と器物損壊の容疑で同町内に住む米軍属の息子の少年(19)を那覇地検沖縄支部に送致した。少年は容疑を否認しているという」以下省略。

何も今に始まったことではないが、何の関わりもない、たまたま通りかかった人を撃ったというのは前代未聞の問題だ。

この様な、米人がらみの事件が起こる度に、またかと思う。
奴らの引き起こす事件は、単なる通り魔的と言うより、明らかな「アメリカ人による沖縄人に対する人種差別」が根底にあってのことだ。
人種差別が厳然とあるわけだから、この様な事件は絶対に無くならない。
そもそも、アメリカは銃社会であり、法律が違う社会が、一国内に存在していること自体大きな問題として取り上げなくてはならないと思う。
連中がいる限り、外国人がらみの事件は確実に起こる。そのたびに、抗議をしたとしても焼け石に水程度だ。
これまでの事件がこのことを示している。

何の理由もなく、基地のフェンス内からモデルガンを発砲したり、父親の拳銃を持ち出すなどこれまでにも幾つかあった。
モデルガンでバスを狙い停車させた事件もある。

安全保障上とは言え、一国二法律を許す日本政府に明らかな間違いがあるのだ。


ラベル:沖縄県 米軍 事件
posted by nagmas at 17:57| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

Camp Schwab Festival

平成21年5月24日(日)

キャンプシュワーブ フェスティバル開催中

H210524beachposter.jpg

フェスティバルは、昨日、今日と行われている
開催期間中はフリーパスなので、15時頃行ってみてきた

schwabgate2.JPG

第2ゲート
今日は閉鎖していた

gunkeikoku.jpg

お祭りとはいえ、米軍施設内
警告が目に付いた

schwabgate1.JPG

第1ゲート
通常はここから出入りしている
このゲートを直進した奥の方にフェスティバル会場がある


キャンプ・シュワーブ
1959年10月に完成
沖縄初の恒久施設と広大な演習場を有している
地域住民が貧困から脱却する手段として誘致した
「住建とブルドーザー」で建設された
他の米軍施設とはまた性格を異にしている

キャンプ・シュワーブの名称

schwabmemory.jpg

キヤンプ・シュワーブは
アルバート・E・シュワーブ上等兵の名称

彼は、沖縄上陸作戦の際先頭に立って侵攻し
負傷しながらも果敢に攻め込み
米軍の侵攻に大きく貢献した人物という

記念碑には次のように記されている

On the 60th anniversary of the battle of okinawa
The 1st Marine division association
Honors
PFC Albert E. Schwab USMCR
1st battalion, 5th Marines
Who gallantly gave his life for his country
on
May 7,1945

PAP_0147.JPG

この碑は司令室のある建物左手に設立されている

基地内は、都市機能を持っている
軍事施設の他に
警察、消防、救急車、病院、給油所
プール、体育館、筋トレ施設、ビーチ
ボウリング場、映画館、ゲームセンター
売店、ファストフッドなど
一通りの施設が整備されている
勿論、我々の税金を使って

PAP_0146.JPG

一般兵の宿舎
室内はまるでホテル

PAP_0152.JPG

PX(米兵しか購入できない)の正面入り口
奥がPXで、手前は民間人でも購入できる「フッド・コート」
ここの「SUB WAY」で、夕飯のサンドイッチを購入した
はさむ具材は好みで出来る
あまり大きいので半分のにしたが
まるまる一つ買うと食べきれない

子どもの国

PAP_0153.JPG

「滑り台」

PAP_0174.JPG

バンジージャンプ

出店

PAP_0173.JPG

出店
出店はどこも同じ物

PAP_0159.JPG

「円も使えます」と書いてある

PAP_0161.JPG

売られていた食べ物

PAP_0155.JPG

左が「み〜な」
次は「Ume」
三人目が「TYK」

スペアーリブが売られていた
私も購入して食べてみたが、評価は「普通」猫

PAP_0170.JPG

TYKの職場、「beach head」
今回は、映画館の向かいでビールを販売していた

PAP_0183.JPG

水陸両用戦車を展示していた
どういう訳か取り付けられている無線は旧式の物
と言うことは、人に見せても差し支えない物と言うことか

一応、許可を得て撮影した

風景

PAP_0167.JPG

辺野古まで続く白浜
離れ島は、右が「平島」、左が「長島」
ここから右手に向かって
普天間代替飛行場が建設される予定

と言うことで帰ってきたのに
写真を選ぶのに時間が掛かってしまった
今夜10時まで「辺野古崎」でやっている

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 20:40| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

普天間基地移設問題

平成21年8月12日(水)

私の住む辺野古
辺野古大綱引きが、来る22日、23日に開催される

22日(土):前夜祭
23日(日):大綱引き

辺野古区
人口:男1,124人、女875人 計1999人
             (平成21年4月1日付け)

200名程度の区が行うのには似つかわしくない
相当大がかりな綱だ
おそらく、区民総出で引いていては
びくともしない物だと思う

さて、私も綱作りに出なくてはならないが
今出て行って
疲労を重ねていては、この夏を乗り越えられない
とか
自分勝手に判断して、未だ協力していない

じつは、今夜も縄打ちがある・・・犬

不思議な辺野古
沖縄の米軍基地は、「銃剣とブルドーザー」で
住民の反対を押し切り
強制立ち退きなどにより建設されている

ところが
辺野古の米軍基地「キャンプシュワーブ」は違った
辺野古区が「誘致」したのだ
目的は、貧困からの脱却があった

そしてま、普天間ヘリ基地移設先として
「誘致」した人たちがいる
だれが誘致し決定したのか、蚊帳の外の我々には分からない
しかし、被害を受けるのは地元住民であることに間違いはない

Henokonoumi.jpg

ヘリ基地移設が予定されている海域

ヤフーニュースから
普天間「ヘリパッド認めない」 辺野古区長ら意見
8月12日10時30分配信 琉球新報

(前略)地元辺野古区の大城康昌区長は「航空機騒音の低減や安全性の観点から、可能な限り沖合に移動する必要がある」と述べたほか、準備書で明らかになった四つのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設について「容認できない」と強調した。(以後略)

米軍ヘリ沖国大墜落5年

2009年8月12日
前にも書いたが、米軍ヘリが「沖縄国際大学」へ墜落した
夏休みと言うこともあり、幸い怪我人は出なかったが
その後のトラウマに悩まされる人々が今も住んでいると聞く

今も稼働している「普天間基地」では
今も、「沖縄国際大学」や
近隣する諸学校、住民が被害を受けている

そのような危険な代物を
わざわざ辺野古へ移設しようとしている

確かに、地元の反対はあるが
どれだけ真剣に話し合われたかは定かではない
民主主義の時代に似つかわしくない決定だ
そして、今になってもまだまだ問題定義が続いている

ヤフーニュースから

普天間飛行場移設問題
「危険性除去」遠く
 米軍ヘリ沖国大墜落5年2009年8月12日

 米軍ヘリコプターが沖縄国際大学に墜落して5年。政府は、経路見直しや安全措置の対策を取ってきたとするが、ヘリが住宅地上空を旋回する光景は今も変わらず、抜本的な危険性除去策にはほど遠い。(以後略)

ヘリ基地移設は進んでいる
キヤンプシュワーブでは
ヘリ基地移設に向けた諸施設の移動建設が始まっている
待ったなしだ

今後どうなるか
辺野古は住みよいところだ
来る者を拒まず
出る者を追っかけず

だれが住んでも住みやすいというに違いない

しかし
米軍基地移設の保証金目当てに移住する者もいる
これが実際だ
このような人間に保証金が行くことになれば
これは大きな問題だ

区に、何の協力もなく
いや、協力したとして
その目的は、保証金だと聞けば
だれが納得する

だから、基地周辺の近隣する区は規定を定めている
それに該当しない人に対する保証はない

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 12:13| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

進む基地整備

平成21年8月25日(火)

「ポニー」慰労会
辺野古大綱引きの際、「ポニー」は出店を開いた
家族はもちろん、常連客も手伝って盛況だった

H210824ponycostm.jpg

カウンターもほぼ満席

H210824ponydaibutsu.jpg

シートには、某専門学校の関係者が陣取った

H210824ponyff.jpg

昨日の賄い

野菜春雨サラダ
刺身
手のひらより少々大きいステーキ

痛風の心配もあったが、完食 猫

「ポニー」の客層は実にバラエティーだ
外人も、ハーフも、沖縄人(ウチナーンチュ)も
大和人(本土の人=ヤマトゥンチュ)もいるが
それぞれの出身地が全員違っている

ここら辺が「ポニー」の特徴かもしれない

基地整備が続くキャンプシュワーブ
キャンプシュワーブの基地整備が行われている
おそらく、ヘリ基地移設に伴う工事だと思う

H210825katabuigunkohji.jpg

工事関係車両が国道脇に停車する
ずらっと並んでいるので
名護から出勤してくる車両の邪魔になっている

正面から写真を撮りたいのだが
警備員がいるので、勇気が出ない
復帰前は、米軍基地内の写真撮影は禁止されていた
すぐにMPが飛んできて、フィルムの没収となった

もちろん今は違うが
そのようないきさつから
私は今でもって内部撮影をためらっている

そして、辺野古の天気は快晴

名護の世冨慶についたら大雨だった

H210825katabui1.jpg

東江のA&W前交差点手前まで、土砂降り

H210825katabui2.jpg

交差点を越えたら、ぴしゃり雨が止んだ

H210825katabui3.jpg

上空は黒い雲
前方は快晴

H210825katabuinago.jpg

市民会館から名護岳を望む
快晴だ

おかげで蒸し暑い

古紙回収
多くの人の協力を得て、古紙とアルミ缶を回収し換金している

だいたい10日に一度程度は出している
今回のレートは

古紙:キロ 4円
アルミ缶:70円

古紙はあまり変わらないが
アルミ缶が30円から、70円に上がっていた

締めて900円だった

これを、事務所のイオン還元水購入に充てている
市民会館の水は、水道管が古く
連休明けなどには赤さびが出たりしている
水の味もまずく、とうとう水を購入する羽目になった

この古紙回収は、某団体職員が
金管バンドの楽器購入資金にと、PTAで始めたのだが
その子が卒業したので我々が引き継いだ

おかげで水代の徴収はなくなった

古紙は、辺野古のスーパーや呑み屋から貰っている
彼らにとっては、ゴミに出すのも一仕事なので
結構協力してくれている

しかし
車に積みっぱなしでいるので
燃料代や労力など考えたら割に合わない

いまのところ
皆の喜んでくれる気持ちが支えになって
回収しているようなものだが
決して楽な仕事でも、実入りが良いということはない

ブログ開始以来明日で999日目

このブログは、明日で999日目となるが
このように続けていけたのも
多くの方に励まされてのことだった

地元の人も「見ているよ」
他の職員が「これ辺野古ではないか」と行って始めて知った
「辺野古の出来事が分かる」

訪問してくださる皆様のコメント
閲覧者数の増加や
明らかなランクアップ

何のコメントも残すでもなく
ただひたすら私のブログを訪問してくださる方など

実にありがたく
その支えで
プログ更新に拍車がかかった

明日は、「私の999日目のブログ世界」(仮称)とか題して
これまでの感想や、人との出会い
ブログ上でのマナーなど、感じたことを書いてみたい

それでは皆様
また明日

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 17:32| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

選挙と米軍事演習

平成21年9月4日(金)

米軍による演習が始まった
選挙直前に米軍が演習することはまずない
この間の衆議院選挙でもそうだった
選挙が終わってすぐに演習が始まった

射撃演習の音や
ヘリコプターがすぐ近くを通過していく音などが響く

そしたらこんな記事があった

Yahoo!ニュース・地域・沖縄から
琉球新報・社会より

米兵らしき集団、銃携行し上陸か
名護市辺野古2009年9月2日

【名護】1日午前10時半ごろ、名護市辺野古の座り込みテント村前の浜に、銃のような物を携行した米兵らしき集団13人が海から上陸するのを普天間飛行場の代替基地建設に反対する座り込みのメンバーらが確認した。(以下略)


そしてその翌日

海兵隊、また漁港上陸 「移動」主張
2009年9月3日

【名護】2日午前10時半ごろ、銃のようなものを携行した米海兵隊の兵士12人ほどが名護市辺野古の海岸から辺野古漁港の民間地を通り抜けてキャンプ・シュワブへと徒歩で向かうのを海岸で座り込みをしている住民らが目撃した。


選挙が終われば何でもやるのか
これは、全くはっきりしている事実だ
まるで子供だましだ

選挙期間中は、しっかり演習を休んでいる

以前は、真夜中にヘリコプターが離発着したり
機関銃の炸裂音も聞こえてきたことも日常茶飯事だった
米兵は「戦争に夜も昼もない」
だから訓練するんだと言っていた

夜も昼も無いと言うが、土日はなぜ演習しない
建国記念日とか、建軍記念日とか
クリスマスとか休むではないか
そう言う日は、戦争はないと言うのと一緒だ

動くか普天間ヘリ基地辺野古移設問題

Yahoo!ニュース・地域・沖縄・琉球新報から

普天間飛行場移設問題

民主・鳩山氏、普天間県外移設「変えてない」
2009年9月4日
【東京】民主党の鳩山由紀夫代表は3日、党本部で記者団の質問に答え、米軍普天間飛行場の県外移設問題について、米側が再交渉しない姿勢を示していることに対し「この問題は、日本政府と米国政府、そして沖縄の県民の皆さん、三つの意思が一つに合わさって初めてうまくいく話。(県外移設の)考え方を基本的に変えているわけではない」と述べ、引き続き県外移設を求めていく意向を強調した。
(以下略)

しかし動きますかね
キヤンプシュワーブではすでに
ヘリ基地移設に伴う付帯工事が着々と進んでいる
多くの公共施設も豊原や、辺野古に建設されている
全てが、ヘリ基地移設がらみと言っても過言ではない

政権は交代した
しかし、前政権が約束したことを
そう簡単には覆せないのではないかと思う

以前の日本政府は
核持ち込みに対する密約のこともあるし
表向きは反対せざるを得ないので、とりあえず反対するが
裏では、密約により米軍が勝手に
ヘリ基地建設を進行させたとする策を取るのではないか

このように思えて仕方がない

なぜ私は基地被害に遭わなければならないのか
もしかすると
辺野古には、毒ガスがまだ残っているかもしれない
彼らは安全だが
我々は、危険地帯にいる

日本政府のために
日本国のために
日本国民のために


なぜ今でもって
我々が戦争の付けを背負わなければならないのか

日本一低賃金の沖縄
その中でも低賃金の名護市
そして、臨時雇用で生きる底辺の人々


そのような中で、基地周辺に生きる我々
何のメリットがあるというのか

ヘリコプターや航空機が辺野古以南を横切るとき
テレビの画像は乱れるし
近くを飛行されたら、音声はかき消され全く聞こえない
テレビさえまともでないときもある

何遍も言ってきたが
例えば、基地周辺整備事業が国から入ったとして
私には何のメリットもない
儲けるのは行政であり、一部の業者だけだ

と言うことで
私は
沖縄の基地問題は今後も以前と変わらず、変化無し
と、見ている

米兵個人個人が悪いのではない
日米政府という大きな国家権力が問題なのだ
国は、人を生かしもし殺しもする
それを簡単にやってのけることが出来る

だから
その舵取りを過れば、国民が苦しむことになるのだ

★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 16:28| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

レイバーデイ

平成21年9月7日(月)

アメリカは、今日「労働者の日」で祝日
「ポニー」は、最近米兵が占領している
単にイラクから帰っただけだと思っていたら

「レイバーデイ」(労働者の日)と言う祝日と
イラクから帰ってきて直ぐだったこと
そして、なによりペイデイ(Payday)が重なったことで
金を持っていたのだ

---------------------------------------
レイバーデイの詳細はつぎを参照
「英語で人生を37倍楽しむ」「英語の7つ星レストラン」
(以下はその概略)

レイバーデー(Labor Day)
アメリカとカナダには毎年9月の第1月曜日
「レイバーデー」(Labor Day:労働者の日)という祝日があり
学校では、その翌日から新学期が始まる

---------------------------------------
H210906ponyheitai.jpg

昨晩も「ポニー」は米兵でいっぱいだった
男大好き男もやってきて
私の左側にいた外人の隣に座った

隣の外人は、お箸の持ち方とか
「有り難う・ございます」の発音とか聞いてきたりしたので
いろいろ話をする機会があった

H210906ponyFF.jpg

「ポニー」のフリーフッドを済ませたので
隣の外人に一言注意した
英語で喋って聞こえたら困るので
携帯に書いて見せた
「お前の左側の男は、男好き人間だから気をつけろ」と

断っておくが、人種差別をする気はない
こいつが何かにつけて体を触ってきたり
人の話に割り込んできて
しゃくに障るようなことを言うものだから
近づかないでいるだけだ

こいつが「ポニー」へやってくるのは
単に男を求めてのことだから、酔うと始末に負えない
同類が後二人いるが
彼等とは普通に付き合っているが
こいつらも、酔うと手に負えない

同じ空気は吸いたくないので
急いで席を立ち、「ハワイ」へ行った

H210906Nao.jpg

しばらく呑んで、2ヵ月ぶりにボトルを空けたので
再度「ポニー」へ

あいつは、ママ(JUN)が追い返したという
兵隊を触りまくって酷かったのと
私が話した外人が、みんなを連れ出したという

店にとっては大きな迷惑だ
客として呑むのは良いが
他の客が迷惑を被るような行為は許せない

その後は、「ポニー」も閉店と言うことで
今度は、CHKを連れ出して
再度「ハワイ」へ

H210906HawaiiCHK.jpg

CHKは最近アフリをはじめている
初心者のためのCHIKAKOのハッピーライフアフィリエイト
と題している
CHKは、神奈川県出身だとのこと
「ポニー」でバイトをしている

体調不良
これだけ遊び回り
呑みまくってきたら、それはそうなるのかも知れない

じつは、これまでは畳で寝ていたのだが
大臀筋に痛みが生じたので
最近ソファーベッドに移った

おかげで、首筋の痛みは薄くなり
腰痛も取れてきたが
今度は、左足股関節に痛みがあって

少し筋トレで体勢を立て直そうと
今、努力はしている

そしたら
疲れが出て
その上に酒をあおったものだから
目が覚めたら、起き上がれなかった

当然、仕事はさぼったのだが
関係者から電話は来るし
結局、自宅で連絡調整などさせられてしまった

さて
今夜はどうなるか・・・犬 眼鏡 モバQ

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 18:01| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

今はまだまし軍事訓練

平成21年10月22日(木)

以前はもっと酷かった
Yahoo!ニュース・地域・沖縄より

事前通報なくパラシュート降下訓練
 米兵11人、シュワブ海上で

10月22日14時35分配信 琉球新報

 【名護】22日午後1時20分から1時55分にかけて、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ海上で、米兵延べ11人が3回にわたりパラシュート降下訓練しているのを住民が目撃した。(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091022-00000019-ryu-oki

今はまだましだ
私が小学生の頃
授業中に、パラシュートにより落とされた
米軍のジープが、小学校のグラウンドに落ちたことがあった
グラウンドの周りにはモクマオが植えられていて
ひれに引っかかっていた


一歩間違えば、大惨事と化していたが
幸い怪我人は出なかった

飛んでいる物は落ちる
これは、私が保証する
問題は、どこに落ちるかだ


特にヘリコプターは怖い
現に、沖国大でも学内に落下している
だから、辺野古への移設が求められた

では、辺野古はどうなる
以前私が住んでいた家から200m程度の谷間に
キャンプシュワーブから飛び立ったヘリが
墜落炎上したことがあった


私は、たまたま所用で帰宅途中だったが
ちょっと間違えば我が家だった可能性も大きかった

そう言えば
以前、ジェット戦闘機が超低空飛行で
辺野古区の民家上空を超低空飛行で飛び
何度か繰り返しているのを目撃したことがある
パイロットの姿が見えたほどだったが

もし今、これが行われて何らかの操縦不能に陥ったとすれば
国立沖縄高専の寮が
あっ
恐ろしい
これは想像しないでおく

反対運動の繰り返し
沖縄では、何かが起こると、すぐに住民運動へと発展する
いったいいつになったら
このような総決起大会はなくなるのだろうか

まず、私の生きている間になくなることはないはずだし
米軍がそう簡単に基地を明け渡すこともしないはずだし
どうしようもないのかもしれない

このようなことが続けば
いずれまた
「コザ騒動」の再来と言うことにもなりかねない

コザ騒動については、検索するかあるいは次を参照
第10回 占領する側、される側
九州大学大学院助教授  仲田 清喜
http://www.kyushu01.com/01/0304/0304-157.html

普天間の辺野古移設反対 県民大会の会場拡大へ
10月22日15時50分配信 琉球新報

 11月8日に開かれる「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」の実行委員会事務局は22日、3万人の参加を目指すとしたほか、会場を3カ所に増やすことを発表した。(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091022-00000020-ryu-oki

今日も一日多忙の極み
今日、沖縄県老人クラブ連合会大会が名護市で開催され
15時前には終了した
会場は、私の事務所の向かい

H211022taikai市長挨拶.jpg

挨拶する名護市長

H211022kentaikai.jpg

参加者、約800名程度
大盛況であった

それでも、大会を忘れている人もいた
その様な方には電話で確かめる

と言うことで、今日も一日多忙だった

「樹乃」は本気かもしれない

最近、「樹乃」が開き始めた
IZMは、区の行政委員(区始まって依頼の女性委員)
もしているので
多忙な場合もあるとか
それで閉めることも多々あるという
珍しいことに、昨日は開けていた
KYNからの「お出でメール」で知った

H211019ilovekyn.jpg

「樹乃」の看板娘KYN
店を開ければ、カウンターは満杯だ

H211021junodarts.jpg

ワタボリ男もいた
以前、KYNとダーツをやって
「勝ち逃げした」「大人げない」と書いたら
彼がこれを見て、昨夜は見事にKYNに負けていた

平気で見え見えなことをするのだから話にもならないが
またまた、いとも簡単に自分の行動を修正するなど
並の人間が出来ることではない
Mちゃんっ えらいっ 犬

さて、いよいよ閉店の時間になったので
皆帰り始めた
私も帰ろうとしたが
「最後までいて」とKYNちゃん 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

結局、一緒に帰って
代行代まで払ってしまった
アホな私です 眼鏡 犬 モバQ

それでも
今夜は、もしかして
「ポニー」 わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)

いや
「樹乃」揺れるハート わーい(嬉しい顔)

ん゛んん〜っ
「み〜な」 猫

それとも
「ハワイ」犬

みい〜んなっ
行こ〜をかなっ 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 18:24| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

見直せ「地位協定」

平成21年12月5日(土)

朝から続く米軍の射撃訓練
今朝は早くから、米軍の演習場から
自動小銃らしい射撃音が断続的に聞こえてくる

米軍普天間飛行場移設問題で、移設先に決まっていた辺野古沖
これが揺れ動いている
その腹いせなのか
演習は一日中続いている

その移設先は、今のところ不明だ

Yahoo!ニュースのリンクから
普天間代替、鹿児島の島が浮上 防衛相、地権者と接触
「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、防衛省内で日米合意のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)に代わる候補地の一つとして鹿児島県・馬毛島(西之表市)を検討していることが分かった。」 (以下略)
詳細は次にて
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120401000997.html

Yahoo!ニュース・バックナンバーから
鳩山首相「辺野古は生きている」普天間移設問題で
「鳩山由紀夫首相は4日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)以外の移設先検討について「当然のことながら辺野古は生きている」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。」(産経新聞)
詳細は次にて
http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=1238643&e=futenma

読谷ひき逃げ 13日午後2時から村民抗議大会(琉球新報)
12月4日18時15分配信
「読谷村楚辺でのひき逃げ死亡事件で、読谷村は4日、「米軍人によるひき逃げ死亡事件に抗議する読谷村民総決起大会」(同実行委員会主催)を13日午後2時から村文化センターで開くことを決めた」 (以下略)
詳細は次にて
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/hit_and_run/

Yahoo!ニュースから
米兵家族の少年ら4人逮捕
   ロープ転倒事件、殺人未遂容疑で
12月5日12時16分配信 産経新聞
「東京都武蔵村山市で8月、道路に張られたロープにミニバイクの女性がぶつかり転倒し、重傷を負った事件で、警視庁組織犯罪対策2課は5日、殺人未遂の疑いで、現場近くの米軍横田基地に所属する米兵の家族の少年3人と少女1人=15〜18歳=を逮捕した。」 (以下略)
詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091205-00000534-san-soci

地位協定を見直すべき時期に来ている
相変わらず、米国有利の取り決めが続いている
鳩山政権は
自民党が出来なかったことをやれる政権だと思う
この際、米国の治外法権を認めず
日本の主権を守るよう
全ての条約を見直す必要があるのではなかろうか

沖縄では、今でも泣き寝入りが続いている

外国人であろうが
日本人であろうが
誰であれ
日本で起こした事件は
日本の法律で裁かれるのが当然であり

その事でのみ「公平」が保たれる

この様なことが話題となる度に書いているのが
「コザ事件」だ

沖縄人は、「米軍がらみの事件・事故」について
その不公平があれば、「許さない」覚悟で生きている

それが積もり積もれば
必ずやあのような事件が起こることは
歴史が証明している
弱い者に残された道はただ一つ、「一揆」だ
それをさせないためにも
「公平」が保たれる政治の実現を希望したい

良い米兵もいる
悪さをする人間がいるのは常だ
それは、極一部だと言って良い
何処の社会にも、その様な人間はいる
そのために、良い人間も一緒くたにされ
「米兵は」となる

「ポニー」で呑んで

H211203backHome.jpg

「明日本国へ帰る」と米兵が「ポニー」で
"farewell party" をやっていた
21年もの間沖縄にいたという
彼らにとっては、沖縄は住みやすい場所であったに違いない
彼は、これから本国で暮らすという

その周りのメンバーも、10年、15年と
かなり長期の滞在をしている
飲み屋でしか会ってはいないのだが
彼らは善良な人間であった

H211203ponymy.jpg

彼らが帰ったあとmyがやってきた
myもいつの間にか美しい大人の女性に変身している
ついこの間まで
高校生だったはずなのに がく〜(落胆した顔)
今でも、「息子の嫁に」と誘っているのだが
その息子が名乗りを挙げない もうやだ〜(悲しい顔)

H211203ponywiyhmy.jpg

myは外人にもモテル
myが座ると、たちまちビールや酒が並ぶ
私まで、お相伴にあずかる 揺れるハートわーい(嬉しい顔)

「ハワイ」へ移動

H211203-NoPlate2264.jpg

沖縄も寒くなった
myなど、まるで真冬だ

ナンバープレートを観て楽しさが半減した
「22−64」( にーにー・無用 )とある

ちなみに私、「ポニー」では「にーにー」と呼ばれている もうやだ〜(悲しい顔)

H211203Hawaii.jpg

「ハワイ」は貸し切り状態だったが
( にーにー・無用 )のナンバープレートの一件もあったので
一杯だけ呑んで「み〜な」へ

代行が私の車を見つけて電話してきたので
myを「み〜な」に預けて帰った

お陰で
昨日は飲む気にもなれず
せっかくのmyのお誘いも断って
一人、テレビに観られて寝てしまった

そして
今夜は元気
出るぞ
出るぞっ

違った
行くぞっ行くぞっ 揺れるハート わーい(嬉しい顔) モバQ

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 16:31| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

続く米軍射撃訓練

平成21年12月6日(日)

今日も米軍用地から射撃演習の音が聞こえる
時折、「パラ パラ パラ」と連続して射撃音が未だに聞こえる
今日は、日曜日だ
連中が土日に訓練を行うなどこれまで無かったことだ

恐らくは、アフガニスタンへの派遣が決まり
そのための強化訓練をやっているのではないかと思う

Yahoo!ニュース・海外から
増派の第1陣派遣を命令
   今月中に海兵隊か アフガン駐留米軍
12月5日15時30分配信 CNN.co.jp
「(CNN)オバマ米大統領が1日に発表した、3万人増派などを盛り込んだアフガニスタン新戦略でゲーツ国防長官は4日、第1陣となる部隊の派遣命令に署名した。」 (以下略)
詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091205-00000007-cnn-int

Yahoo!ニュース・国内から
外相危機感、普天間「白紙なら米の信頼失う」
12月5日22時5分配信 読売新聞

 「岡田外相は5日夜、那覇市内で記者会見し、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について、「日米合意が実現出来ずに一方的に白紙に戻せば、信頼関係がなくなる。今の日米同盟の現状に非常に強い危機感を持っている」と述べた。
(中略)
 同市辺野古を移設先とする日米合意が実現しない場合、普天間は返還されずに固定化する、との強い危機感を示したもので、4日の米側との協議で米側が示した懸念をそのまま伝える形となった。 (以下略)
詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091205-00001014-yom-pol

結局、辺野古移設案の変更は無いことになるのかもしれない
永年かかって取り組んだ末の辺野古決着であり
名護市もそれ相当の負担をしてきている
そう簡単には変更できないのでは無かろうか

昨晩も「ポニー」で

PAP_0010.JPG

一人分の夕飯をつくるのに、かなりの食材を無駄にする
一度調理すれば三日分はあり、一日中同じものを食べる
これではいけないと
とりあえず、外食することにした
そのために「ポニー」へ行く
「ポニー」は、我々常連には夕食を出してくれる

今夜は、「中身汁」だと わーい(嬉しい顔)
お誘いの電話があった
即、「行く」と答えた

食べ物を無駄にはしたくない一心からだ
まっ、ついでに呑んでもいるが・・・犬

菜食主義者になれるか
名護市で、「戦前に於ける食生活」の調査が行われ
私が、その解析を任されたことがあった

当時の食生活はこうだ

一般的な生活者

・朝起きると、飼育している山羊などの餌やり
・朝食は、「イモ」のみで、たまには味噌汁が飲めた

 味噌汁の具:「かんだ葉ー」(サツマイモの葉や茎のこと)
       ヒラそば(平たいそば:きし麺に似ている)
       サバ(缶詰) など

・昼食は、食べないかまたは、サツマイモ1本程度
     弁当を持ってくる者もいた
       中身は、ご飯に梅干し一個

・夕食は、家畜の餌の準備(草刈り・山羊の餌に使用)をし
       畑や家事を手伝ってからようやくありつける
     :いもか、たまに白米と味噌汁(前記の通り)    

・旧暦の7月(お盆)と正月には肉があった

などと、今では信じられないような生活をしていた

私の父は、戦後のことではあるがあまりの貧困から
「赤土で色を付けたお湯に海水を入れた物」を
おつゆ代わりに呑んでいるのを目撃したことがあったと話した

大根一本から発展して
職場の同室の事務職員から
「大根が安かったから」と一本もらい受けた

H211204vegsoup.jpg

風邪気味でもあったので
「大根入りショウガ汁」でもつくろうと考えた

具材:大根・・1本
   乾燥椎茸
   もずく(塩漬けを戻した物)
   ネギ(万能ネギ・自家製)
   生ショウガ(少々)

味付け:シマヤだしの素
    ぬちまーす(沖縄産・ミネラルが世界一だとか)
    島マース(沖縄産・煮込み乾燥・ミネラルが豊富)
    醤油(少々)
    味噌(少々)

感想:十分暖まったが、脂っ気一つもなしの料理
   結構美味しく戴いた
   翌日は、これに「うどん」を入れて食べたが
   これもいける
   菜食主義もたまには良いことかも・・猫

昔は皆貧乏だった

沖縄人の多くは、貧相(ヒンスウ=貧乏)であった
辺野古もその例に漏れなかったようだが
米軍基地を誘致してからというもの

肉は基地から流れ物として手に入り
野菜や果物も手に入った
当時としては、相当な贅沢を味わった

それが、食生活の欧米化を生み
肉食に片寄る生活を続けてきた大きな要因ともなった

やがて、レストラン、ファーストフッドが出来
沖縄そば、ソーキそば、中身そば
ヒージャー汁
牛汁
ヤマシシ汁 (イノシシ汁)などと
毎日のように何処かで食べる機会があった

特に、米軍基地のある
金武町、宜野座村、名護市辺野古一帯では
その傾向が強く、贅沢に肉類を食してきた
その結果、痛風持ちが身近にかなりいる事になった

捕鯨禁止
Yahoo!ニュース・海外から
シー・シェパードが7日に出港へ 南極海での攻撃を宣言
12月5日13時57分配信 産経新聞
日本の捕鯨船団を標的にする「エコテロリスト」たちがいよいよ攻撃態勢に入ろうとしている。米環境保護団体シー・シェパード(SS)のポール・ワトソン船長(59)は声明を出し、7日に寄港先のオーストラリアから、捕鯨エリアの南極海に向け抗議船を出港させると宣言した。」 (以下略)
詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091205-00000536-san-int

沖縄では、ヒートゥ ( イルカ ) は
重要なタンパク源の一つだった
当時、食べられるものは何でも食べた
その様なことから、「鯨」文化が続いてきた

当然、ジュゴンも対象となっていた
とにかく、食べられるものなら何でも食べていた

木の葉だろうが、草の根だろうが
カタツムリだろうが、蛇だろうが
毒のあるソテツだろうがだ

地球温暖化
そしてここに来て、地球温暖化が取り上げられた

温暖化防止、肉食抑制で=マッカートニーさん
12月3日23時7分配信 時事通信
【ブリュッセル時事】ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニーさんは3日、ブリュッセルの欧州議会を訪れ、地球温暖化防止に向け、生産の過程で大量のエネルギーを必要とする肉の消費を抑制すべきだと訴えた。」 (以下略)
詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091203-00000227-jij-int

捕鯨反対者は菜食主義者となれ
前述した観点から
捕鯨反対者は菜食主義者とならなければならない
自らは肉を食らい
他国の人間にはその文化を否定するような
身勝手な言動は許されない

また、肉食中心の欧米にあっては
その削減に取り組む必要があることは
誰がも考えることだ

更に、バイオ燃料を穀物に頼ってはならない
アメリカのやらかした穀物のバイオ燃料への利用は
食糧危機さえ生み出した

均衡の取れた社会が出来上がるまで
いったいどれだけの年月を必要とするのであろうか

せめて、地球崩壊の危機が来ないことを願う

今日の昼食
頂き物の「うどん」があったので
二種類つくってみた

H211206udonmenu.jpg

左は、通常の「うどん」汁
・肉っ気ゼロ
右は、「スパゲッティ・うどん」
・ミートソース使用

良かった
よかった 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 17:55| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

核密約文書発見

平成21年12月22日(火)

やはりあった核密約文書
「ない」とされた核密約文書が見つかったと報道された
その上、この文書には
辺野古米軍基地の記載がある
それは、辺野古の米軍基地「キャンプシュワーブ」には
核基地としての機能があると言う何よりの証拠でもある

私は以前に、辺野古のキャンプシュワーブには
「核シェルターがある」と言う記事を書いた

私の両親は、辺野古の基地が出来た頃
琉米親善委員をやっていて
キャンプシュワーブに案内された際
地下にあるシェルターを見せて貰ったという

ところが、その後は「そう言うものはない」と
かたくなに否定していたという

その証拠があった訳だ

昔、辺野古のキャンプシュワーブには、毒ガス貯蔵庫があり
それが撤去されるまで
基地内は二重オリとなっていて
檻の中には、山羊などが放し飼いにされていた
また、至る所に監視カメラが配置されていた

そこの写真でも撮ろうものなら
たちどころにMPがやって来て、フィルム没収と成った
それも、祖国復帰によって完全に行われなくなった

沖縄県公文書館から
ホーム > 公文書館通信 > 業務日誌 > 毒ガス移送始まる

毒ガス移送始まる
「1971(昭和46)年1月13日、沖縄に貯蔵されていた毒ガスをアメリカのジョンストン島へ向けて移送する作業が始まりました。」

「1969(昭和44)年7月、沖縄の米軍知花弾薬庫施設内の(レッド・ハット・エリア)で毒ガス事故が発生し、毒ガス兵器が存在することが明らかになりました。」
詳細は次にて
http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2009/01/post-149.html

そして今度は、核問題だ
今でも、その機能は維持されているとみて間違いない
辺野古への普天間飛行場移設についても
ここら辺の絡みが読み取れる

Yahoo!ニュース・国内・国内から
核密約文書、佐藤元首相邸に…初の存在確認
12月22日16時1分配信 読売新聞

「沖縄返還交渉を巡り、当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領の間で交わされたとされる有事の際の核持ち込みに関する「密約」文書を佐藤氏の遺族が保管していたことが22日、明らかになった。

 密約の存在を裏付ける決定的な証拠が発見されたことになる。」(中略)

、「米国政府は重大な緊急事態に備え、沖縄に現存する核兵器の貯蔵地、すなわち嘉手納、那覇、辺野古、及びナイキ・ハーキュリーズ基地をいつでも使用できる状態に維持しておく必要がある」と記している。」(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091222-00000775-yom-pol

公文書はどのように保管されるべきか
このように重要な公文書
いったいどのように保管されるべき物なのだろうか

一国の首相といえども
これを自宅で保管するなど
到底考えられないことだ

と言うことは、明らかな私文書
個人対個人の取り決めとして書き残した物であろう

一国の首脳が取り決めたことだから
もしかすると効力を発揮する物なのだろうか

個人が持っていた核密約文書
日本は彼の私物だったのだろうか

沖縄を復帰させるための苦渋の選択とも取れる
彼は、沖縄復帰の日に泣いた
領土を取り返したという
その誇らしさがあったことだろう

しかし、引き替えは
広島、長崎の悲劇を自覚しているはずの
あの核持ち込みだった

沖縄県民は誰が守る
もし、核戦争が起こったとして
いや、間違ってその様な操作をされてしまったとして
連中は核シェルターがあり
一年間戦える蓄えもあるという

我々辺野古住民はどこへ逃げろと言うのか
逃げる先などどこにもない
直撃されなくとも
放射能に曝され、一巻の終わりと成ること間違いない

つまり、米軍は生き延び
沖縄原住民は死滅する

ただそれだけのことだ
何も恐れることはない

元々日本政府は沖縄を切り捨てにしてきた
この最たるものが、「核持ち込み容認」だ

もはや日本政府には何も期待するものはない
政府首脳陣は、元々自民党出身だから

連中は
我々沖縄原住民が壊滅するのを待っていることだろう

薩摩侵攻
廃藩置県
琉球処分
学術人類館事件
日本政府の圧政
沖縄人差別
太平洋戦争の捨て石
米軍による軍政
そして「祖国復帰」


祖国
いったい誰がそう呼び始めたのだろうか
祖国復帰までの間
私は何の疑いもなく「祖国復帰」を唱えた
しかしながら、核密約問題が明るみに出て
果たして日本国は、我々の祖国なのであろうかと
にわかに疑問が湧いてくる

ここまで来ると
その真意が見え隠れしてならない

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 18:48| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

第二のコザ事件の始まり

平成22年1月11日(月)

ひき逃げは犯罪ではないのか

Yahoo!ニュース・地域・沖縄から
読谷ひき逃げ、米軍が保釈請求 容疑者は送検
1月11日10時25分配信 琉球新報
 「読谷村ひき逃げ事件で、道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された在沖米陸軍トリイ通信施設の2等軍曹、クライド・ガン容疑者(27)について、自動車運転過失致死罪で起訴された7日に、在日米合衆国陸軍が「(同容疑者の身柄を)責任を持って管理する」として、那覇地裁に対し同容疑者の保釈を請求していたことが分かった。担当弁護士が文書を公開した。」 (以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100111-00000009-ryu-oki

我々は今
第二のコザ事件の始まりを見ているのかも知れない


ひき逃げ班を米軍が逃がそうとしている
昔、沖縄には「祖国復帰運動」というのがあった
党利党略無関係に、全ての県民が「日本復帰」を願った

いや、少し言い過ぎかも知れない
一部に、「沖縄独立論」があったことも事実だ

さて、話を元に戻す
それが、「1972年5月15日」に
「沖縄復帰」として実現した

私は、この経緯についてたびたび書いてきたが
今回の報道に見る「読谷村での米兵ひき逃げ事件」について
これまでの出来事が走馬燈のように思い浮かんだ

私自身、米兵に後ろから殴られた事がある
辺野古の夜の町が大騒ぎになった
私が悪人扱いされたが
事の起こりは連中にあった
「JP」を呼んだが、「MP」が先に来て米兵を連れて行った
事件取り扱いを申請した

連中はその後どうなったのか
どう処分されたのか、何の音沙汰もない

殴られ損だった
病院にも行った
診断書も取ったが、これも支払い損


私は、米兵に知り合いもいる
それでも腹が立つ

この様な事件を沖縄で起こし
沖縄で捕まった容疑者は、米軍によってかくまわれ
いつかは本国に帰り、行方不明となっていく


彼らにとっては、沖縄は戦場
沖縄人を殺傷しても
おとがめナシと、今でも思っているのだろうか

復帰前までは、それは事実だった
多くの犠牲者が涙を呑んだ

また書くことになるが
復帰も果たし、我々も日本国民として落ち着きを取り戻した頃
連中の廃弾処理による爆風で
地域の建物の多くがひび割れ、ずたずたにされた

そのための被害補償運動も行った
当時の防衛庁担当は、「その様な事実はない」と言い張った
私は、「お前らは日本人か」と人言い寄った
「日本人だっ」と担当は怒鳴り返した
私は、「日本人なら
日本人の我々と米軍の言い分とどちらを信じる」と
やりあった

しかし、補償はされたが微々たるもので
建物の修復が完全に出来る金額ではなかった

この法外な廃弾処理
最近はごくまれにやらかすことがある


我々沖縄人は
薩摩侵攻で薩摩の属国となり
無理難題を押しつけられて徳川時代をやり過ごしている

廃藩置県で、琉球王国は解体され一「県」となった
しかし、当時の県の代表は日本人で
全くの支配体制

戦争では日本軍の捨て石とされ
その地位は、下等国民扱いであったと聞く

ベトナム戦争当時の米兵には、「ベトコン並み」と言われた
だから殺しても良いとまで言われたという
そして、ひき逃げ事件もひっきりなしだった


コザ事件はそう言った沖縄人の鬱積が引き起こした
恐らく、「沖縄県民かく戦えり」と
全ての沖縄人は手を叩いて喜んだはずだ

その事件が、沖縄の復帰を早めた

しかしながら
沖縄人の地位は、以前と変わらない
昔と同じだ


海洋博の時、「方言禁止令」が出された
すぐに引っ込めたが
これが日本人の支配階級のものの考え方だ

被害妄想と言いたければ言うがよい
被害者は出来事を一生忘れない

誰かが引き金を引けば
また当時のようなことが起きかねない様相を示している

地位協定

地位協定が諸悪の根源だ
連中がいるのはかまわないが
米兵と言わず、事件を起こしたのであれば
同じ人間として
我が国の法律で取り扱うべきだ

いいかっ
米兵だからではない

我々は人間だ
なぜ連中は言いたい放題言えて
やりたい放題やれる

犯罪を犯せば
米軍人だろうが、沖縄人だろうが、日本人だろうが
犯罪者ではないか
それをあからさまに保護しようとする米軍もまた汚い

同じ人間なら
沖縄人も、日本人も、アメリカ人も
皆、同じ権利を有する「人間」として
同等に扱って貰いたい

私は、ただそれだけのことを言っているのだ

日本政府は
沖縄人の怒りが
当時と変わらず鬱積してきていることを
爆発寸前にまで高まっていることを認識して貰いたい
お願いだ
第二の「コザ事件」(コザ暴動)を起こさせないでくれ

Wikipedia より
「コザ暴動(コザぼうどう、Koza Riot)とは、1970年12月20日未明、アメリカ統治下のコザ市(現在の沖縄県沖縄市)で、交通事故を契機に発生した車両および米軍施設に対する焼き討ち事件である。」 (以下略)

詳細は次にて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B6%E6%9A%B4%E5%8B%95

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 16:21| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

ひき逃げ容疑者父反発

平成22年1月16日(土)

ブログも書けないほど多忙
最近多忙を極めている

高齢者の体力測定データの入力
理事会の準備と平行して
北部看護学校の講義資料作りなどで
とりあえず、昨日までに完了した

H220115北看.jpg

北部地区医師会立 北部看護学校
平成9年以来、長き付き合いが続いている
今回の講義は、6月末の日曜日に行われる
市老連のグラウンドゴルフ大会への事前指導も兼ねている

H220115アタラクシャー.jpg

14日の理事会の後に行った居酒屋「アタラクシャー」
そして、昨日(15日)は日食を見終えてから
社協事務局長に誘われて・・・猫
連日の呑み会だ

車は職場の駐車場に止めておいたので
KOLが出勤するというので、ついでに連れてきて貰った

ひき逃げ容疑者父反発
ふと目をやると新聞があったので読んでみた
社会面で次の記事に目がとまった

H220115ひき逃げ犯親反論.jpg

「ひき逃げ容疑者父 息子人柄を広告」
「報道に反発と星条旗紙」のタイトル

その記事の末尾にこう書いてあった
「父親は『外国で、
息子が日本国民と同等に扱われていないことを
非常に心配している』と話しているという」

「琉球新報(日刊) 平成22年1月15日 より」

このような広告を載せたと言うことは
いったい何が根拠となっているのだろうか
アメリカでは
日本で不当に扱っていると報道されているのだろうか

本人は、「何かにぶつかったと思った」と言っている
また、本人の所有する車を修理屋に持ち込んでいる
その車から、被害者の血液などが採取されている

まず、その車で跳ねて死亡させたことに間違いはない
しかも、その車を本人が持ち込んでいる
容疑者としては、限りなく黒だ

その様な犯人を誰がかくまっていた
私には、ひき逃げ事件を
「あたかもなかったかのような扱いでもみ消そうとしている」
としか思えない

米国政府
在沖米軍
米国報道機関
米国民
その家族
全てが、この容疑者の味方だ

私はつい最近書いた
我々沖縄人は何なのかと
アメリカーだろうが
ヤマトゥンチュだろうが
ウチナーンチュだろうが
人は人として扱っうべきだ

と書いた

警察の皆さん
それとも、まだ昔のようなやり方で
犯人に仕立て上げようとしているのですか

私はね、名護から那覇署まで呼び出されて
さんざん尋問を受けた経験がある
まるで犯人扱いだった
結論は、訴えたやつと「話し合いなさい」だった
訴えたやつが諸悪の根源だったが
訴えを重視していた

その後は悲惨だった
帰りに、不整脈を引き起こし、近くの病院へ行った
血圧が200以上にもなっていて緊急入院
落ち着いたところで、友人に家まで送ってもらったが
下手すると死ぬところだった


犯人ならそれはそれで尋問されても良いが
そうでもないのに、犯人扱い
こんな事はもうやっていないですよねっ

それにしても
ひき逃げ容疑者をその国揚げてかばう
その様な姿勢が私には受け入れられない
このような輩を有罪に出来ないのであれば
どこかで、また同じ事を繰り返す

私なら
息子に「罪を償ってやり直せ」と言うね
それが人としての生きる道ではないか

得てして、まっとうに生きてきた人間ほど
自分のやらかした罪から逃げようとする
私自信も、また私の近辺でも似たようなことがあった
出来れば時間を巻き戻したい」と思う心理だ

真実から目をそらし
ただひたすら、無罪を訴える
これがアメリカ人だ
これまで、幾度このような見聞をしてきたか

日本政府のへっぴり腰
政治信条のふらつき
トップの金券癒着
マニフェストの見直し

これらのことも前に何度か書いたが
ヘッドは元々自民党ではございませんか
何方かは田中角栄殿の懐刀ではなかったですか

私は直ぐその様に感じましたね
貴方は、まるで田中角栄だと直ぐに気がついた
何から何まで似ている
田中角栄が貴方なのかと見間違いましたよ

そんな日本だと
アメリカと対等に渡ってはいけないはずだ

連中は、自国民を守るためなら何でもやるぞ
日本政府も
ウチナーンチュが日本人だと思うのであれば
自国民である
ひき逃げされた被害者の無念を晴らす努力をしたらどうだ

連中の滞在が長引けば長引くほど
ますます被害者は拡大していくばかりだ
いつかは
「窮鼠囓猫」ことになるぞ

それともなにかい
戦争の捨て石同様
今後ともその扱いをお続けにおなり遊ばされるのでせうか

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 14:17| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

またひき逃げ事件

平成22年3月18日(木)

毎日の様に事件が
身辺での出来事を綴っていると
毎日のように何かが起こり
一日でも休むと、その話しは過去のものとなってしまう

それほど多様な、沖縄関連の事件事故が発生している
16日には、米兵によるひき逃げ事件が発生してる
現場は、私の住むすぐ近くだ

Yahoo!ニュース・地域・沖縄・琉球新報から
住民怒り「またか」 名護米軍車両ひき逃げ
3月18日9時55分配信 琉球新報
「深夜の国道を猛スピードで突き進む米軍車両が軽自動車に激突し、2歳の子どもは衝撃で車外に投げ出された―。16日に名護市辺野古で起こった米軍車両ひき逃げ事件。「走る凶器」は泣きじゃくる子どもたちと父親を恐怖に陥れ、そのまま事故現場を走り去った。米側に逮捕されたのは、事故前に飲酒していた米軍人。」 (以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100318-00000001-ryu-oki

関連記事(琉球新報から)
綱紀粛正はどこに 識者から疑問の声2010年3月18日

「レッカー車で運ばれるひき逃げの米軍四輪駆動車=17日午前11時40分ごろ、金武町の国道329号沿い中川バス停近く
 米軍車両ひき逃げ事件について、県警が証拠の米軍四輪駆動車の差し押さえを要請しなかったことや、米海兵隊憲兵隊が基地外で3等兵曹の女を逮捕したことについて、識者や捜査関係者からは疑問の声が上がった。」 (以下略)

詳細は次にて
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-159389-storytopic-111.html

いつものことだが
米兵には、逃げれば何とかなる
軍が何とかしてくれる
という風潮があるのでは無かろうか

「国外で事故や事件を引き起こしたら、まず逃げろ」

この様な教育をされているように思えてならない
復帰以前の1967年頃
ある若い米兵が言った言葉が未だに思い出される
「沖縄人はベトコンと同じだ」
「殺してもかまわない」と、教えられたと言う
その米兵がどうなったか、その後は知らない

その様な教育が密かに行われていなければ
人身事故が起こる度に、ひき逃げすることなどあり得ない

我々沖縄に住む者にとっては
「明日は我が身」だ

日米安保の犠牲を強いられている
それ故、常に沖縄県民は
「日本国」と戦わなければならない
「米軍」とも戦わなくてはならない

日本国民として生きて行く以上
沖縄に平穏はないのだ
政権交代しても、何の変化も感じられない
何をやっても代わらない日本だ

以前に「平成維新」と現政権に期待を込めて書いたが
もはやあり得ないのかも知れない

白熱電球がLEDに取って代わられる
白熱電球は、1879年・エジソンによって発明された
正確には
改良され、寿命が延びたと言った方がよいのかも知れない

当初のスワンが実験した綿フィラメントは
すぐに綿フィラメントが焼き切れてしまった

当初、エジソンのフィラメントは45時間
竹フィラメントにたどり着き、2000時間を達成

editakemidl.jpg

これは、以前に紹介した
音とラジオの歴史博物館「ラジオラ」所蔵のエジソン電球
京都の竹を使用して当時の電球を再現している

この白熱電球は、炭素フィラメントであったが
現在はタングステン フィラメントを使用している

白熱電球に関する詳細は次の「Wikipedia」にて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%86%B1%E9%9B%BB%E7%90%83

エジソン電球は次を参照
http://www.ritsumei.ac.jp/ba/~hyodot/semihomepage/koduchi.take=yama1.html

LEDが今後の主流
東芝は、エジソンが竹フィラメントで
白熱電球の寿命を延ばすことに成功した頃
同様にフィラメントの素材探しをしていたという

その東芝が、白熱電球製造の歴史に終止符を打った
電気歴史の変わり目となった

Yahoo!ニュース・ニュース・経済から
東芝 白熱電球の製造中止 120年の歴史に幕
3月17日20時4分配信 毎日新聞

「東芝グループの照明メーカー大手「東芝ライテック」(本社・神奈川県横須賀市)は17日、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するため、一般向け白熱電球の製造ラインを停止した。」 (以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100317-00000026-maip-bus_all

Yahoo!ニュースリンク・毎日JPから
LED電球:各社続々と 寿命は白熱の40倍、
      消費電力8分の1 低価格化で人気上昇


「白熱電球より消費電力が少なく「次世代のエコ照明」と呼ばれる発光ダイオード(LED)電球が、普及の兆しを見せ始めている。価格の高さなどから普及が進まなかったが、7月以降、東芝やシャープが割安な価格で一般家庭向け製品を相次いで発売。市場の拡大が見込まれている。【和田憲二】」 (以下略)

詳細は次にて
http://mainichi.jp/life/ecology/archive/news/2009/08/20090828ddm008020043000c.html?inb=yt

進むエジソンからの脱却
レコードがMP3等の電子装置保存に変わり
回転というエジソン以来の技術から脱却した

今度は、物を燃やすことにより発光させる白熱電球から
電子を直接発光させるLEDへと代わる

テレビも液晶に変わり、バックライトもLEDへと代わった
長い間使用して来たブラウン管
これも、真空管の一種だ
画像を見る方法が変わっていく

レコード、白熱電球、映画
いずれもエジソンの技術だった
我々は彼の発明の恩恵を受けてきた

いずれ、映画も代わってくるだろうと思う
世の中の移り変わりを見ることが出来た
その時代を生きて来れたことは
実に有りがたいことだと思う

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 18:18| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

混迷・普天間

平成22年3月24日(水)

どうなる・辺野古
鳩山政権は、相変わらず混迷の度を深めている
連立政権故の混迷だ

そもそも、接点が見当たらない
自民党崩れの民主党
生粋の革新社民党
当初から危惧されていたことだ

普天間飛行場移設問題が解決しない理由
混迷を深めている根源は
政権の連立にあると言って良い

まとまりのない集団
考えの違う集団
これまで、政権を運営したことがない集団
それと、自民党離党者の集団

どこをとっても成り立たない

どうなる名護市
連立政権
これは、名護市にもあてはまる
革新系の市長は、幾つかの政党支持も得ている

その昔、久志地域や辺野古周辺は
名護市内に比べて開発が遅れた
インフラ整備は後回しだった

最近になってようやく
消防署と診療所が久志地域の三原に配置された
道路も整備され、インターネット通信回線が高速になり
国立高専、各種研究施設も建設された


これらは少なくとも
「北部振興策」など
国の施策によるものだと聞いている

基地被害に遭ってきた我々に対する
見返りとも受け止められる


被害は個々人が受けている
行政側が注意しなくてはならない点は
被害に遭ってきたのは、社会ではなく
常に、全くの個人だと言うことだ

個人補償無くして、いかなる被害補償もあり得ない

名護市が合併当初執ってきた政策は
「基地周辺整備法」は使わない
と言うことだった

そして、現在の新市長も
「北部振興策」も「基地周辺整備法」も使わない
と、その様なことを言っている

ではいったい
基地被害に対する補償はどうするのだと聞きたい

基地被害を受けているのは一般市民だ
為政者の身に降りかかったためしがない
そうなった時
為政者はいったいどの様な行動に出るか観てみたいものだ

被害補償費は受けて当然

名護市長 殿
被害者への補償は、金で償うより他無い
交通事故でもなんでも、相手に対する補償は
それしかないのではないか

せっかく補償する費用が国にはあるのだから
使うことが大事だ
何も問題はない

反対は反対
結果の補償は補償だ


困るのは市民だぞ

副市長 殿
貴方の手腕を高く評価している一人として
貴方が副市長で良かったと思っている
まれに見る、市民本位の人間だ

私は、以前に
「私と貴方の主義主張が例え違っていても
貴方なら全面的に応援する」と約束した

貴方は、市民の立場で物事をやれる人だ
名護市の将来を真剣に考えて施策を行ってきた
いずれは国に出ても十分に活躍できると信じている

名護市の発展を
貴方に期待したい


普天間飛行場を継続使用
「危険だから撤去」をと言う、県民の意見を無視した発言だ
結局

撤去はない
辺野古の陸上案を強行する

これで決まりだ

Yahoo!ニュース・国内・国内から
「普天間、閉鎖せず」 返還後も有事に活用
   3月24日7時58分配信 産経新聞

「鳩山由紀夫首相は23日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先に関する政府案策定に向け、首相公邸で関係閣僚と協議した。これに先立つ同日午後の参院予算委員会の「外交・防衛」に関する集中審議で、鳩山首相は同飛行場を有事に活用するため、返還後も閉鎖しない考えを示した。米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)の現行案をベストとする米側との交渉材料とする狙いがある。「中略」

首相は予算委で「有事の時に普天間がなくて、ことが済むのかもゼロベースで議論している。」(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100324-00000068-san-pol

暑いっ晴れ晴れ晴れ
気温27℃
扇風機を回している

実を言うとこの扇風機
去年の夏からずっとコンセントを繋いだままにしてあった
いつ夏になるのか分からないからだ

H220322kynlna.jpg

毎週月曜日は、麻雀デー
行きと帰りに、「樹乃」に顔を出している
一昨日は、KYNの同級生「LNA」と若者が呑んでいた

LNAは、某有名人の姉妹
故BBの娘で、全く外人系だ

KYNと一緒に帰る予定だったが
若い者には勝てない
あっさり振られてしまった

昨日メールが来て、今晩は開けると言うから
仕事帰りに立ち寄ることにした
最近は
私も大人げない
かわいいからなぁ〜っ
KYNちゃんわぁ〜っ 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

あっ
Tちやん
飲み水用冷却器の修理
あっりがとなぁ〜っ わーい(嬉しい顔)

だがよを〜っ

お〜いっ
あんまり冷えんぞを〜っ 犬

お昼時間だっ 眼鏡 モバQ 猫

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 12:23| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

普天間動かず

平成22年3月25日(木)

やっぱりねっ
昨日も書いたが
普天間は動かない可能性も出てきた

普天間動かず
辺野古移転確実

その上、海上案の方が安全性はある
その様な観点からすると
米軍もそれを望んでいるのではないだろうか

Yahoo!ニュース・地域・沖縄から
「普天間」跡地 鳩山首相、政府管理を示唆
3月25日10時55分配信 琉球新報

「【東京】鳩山由紀夫首相は24日、米軍普天間飛行場が返還されたとしても、直ちに地主に土地が返され跡地利用などが可能な民間地になるのではなく、有事に備えた基地として政府管理や自衛隊管理になる可能性を示唆した。」(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000012-ryu-oki

陸上案に反対
辺野古キャンプシュワーブ演習場を整地して
1600メートル級の飛行場を新たに建設すると言う案だが
オスプレー配備をもくろんでいる

さて、その様になると
今でさえ、米軍の射撃訓練の騒音が激しいというのに
今度は飛行場だ

まず、私の生活が脅かされる
その間点からすると、まだまだ海上案の方がましだ

私の生活だけではない
一番近いところに「沖縄工業高等専門学校」はどうなる
今でも、演習の騒音に悩まされているというのに
さらに酷いことになる

中学校も近い
小学校もそうだ
各種研究施設や、特区がある
このことについては、以前に書いた

基地がらみの特区・平成21年7月7日(火)

騒音の中で生活しなくてはならない
我々一般住民のことは何一つ語られない

ましてや、児童生徒の学ぶ学校がある
陸上案は受け入れがたい



陸上案が検討されている地域

引き受け手のない実態
鳩山さん
貴方、もう終わりなさい
国民は貴方に何も期待しなくなった

辺野古陸上案など
いったいどこから湧いてくる

人は騒音の中では愉快に暮らせないぞ
いっそのこと、貴方の地元に持って行ったらどうか
小沢氏の地元でも良いんではないか

どこも引き受けないのだから
そうしたらどうだ
お薦めの案だと思うが
そしたら、貴方と小沢氏の政権は安泰だ
私たちも安心して暮らしていける

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 13:27| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

陸上がだめと言うことは

平成22年3月28日(日)

出勤してみたら
日曜出勤だ
事務所の向かいで
通路を挟んで障害児保育の事業をやっている

この事業を利用している子どもたちの騒ぎ方が尋常ではない
毎日いらいらがつのり、仕事も手に着かない

そこで、休日出勤と成ったが
保護者らしきのが大勢いて、なにやら会議中
ガキどもも連れてきていて、相変わらず騒いでいる

腹が立って仕方がない
帰ろうかと思っている

通常事務所というのは
静かで、仕事に専念できる環境があってしかるべきだ
仕事もはかどると言うことだが
ここは違う

局長は、次年度から2階に移動すると言ってはいるが
実際にそうなってみないと分からない
出勤早々こんな状態では仕事にならない

普天間飛行場移設・陸上案に反対
久辺3区が陸上案に反対と名乗りを上げた
海上案をほぼ受け入れているかに見えたが
なぜ陸上案には反対をするのか、彼らの真意が分からない

私はと言うと、どちらも反対だ
何もジュゴンがどうのこうのではない
飛行場が出来ると
騒音で寝られない生活が待っているからだ

普天間移設、陸上なら契約拒否 久辺3区が方針
3月28日10時10分配信 琉球新報

【名護】米軍普天間飛行場移設問題に関し、政府が5月末に米軍キャンプ・シュワブ陸上部への移設を最終決定した場合、名護市の辺野古、久志、豊原の久辺3区が、同基地内に保有する区有地について、軍用地契約が切れる2012年5月以降、契約を結ばない方針であることが27日分かった。(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000002-ryu-oki

竜宮城はやっぱり竜宮城だった
金曜の夜は、KYNと呑んだ
昨日の夜も約束はしていたが
K1があるし
亀田のボクシングもあってそれを見届けてから
社交街へ繰り出した

Yahoo!ニュース・スポーツから
興毅陥落で亀父激怒「採点がおかしいやんか!クビや」
3月28日7時3分配信 スポニチアネックス

「WBCフライ級王者・亀田興毅(23=亀田)がプロ23戦目で初黒星を喫した。27日、有明コロシアムで行われた暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(32=タイ)との王座統一戦で、経験豊富な相手の術中にはまって0―2の判定負け。初防衛に失敗して王座から陥落した上に、陣営が裁定にクレームをつける後味の悪い敗戦となった。」(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000030-spn-fight

観た人にはしっかり分かっていることと思う
完全な負けだ
それにクレームをつけて騒いだだと
あきれた人間だね
ボクシングを面白味のないものにしてしまった張本人がだ
開いた口がふさがらなくなったよ

「ポニー」
長らく行っていなかったので
お誘いがあった

H220327pony.jpg

家でも飯は食べたのだが
カニ汁とあっては、食べない訳にはいかない

「樹乃」
3月26日(金)
KYNちゃんから「お出でメール」
早めに仕事を切り上げて、出かけていった

H220327i0kyn.jpg

美味しい酒があるというので
一本取った

H220326古里30度.jpg

今帰仁酒造の、通称「ふるさと30度古酒」
あんまりの呑みやすさから、KYNちゃんと二人で簡単に空 がく〜(落胆した顔)
SNOは轟沈 犬
KYNちゃんがけなげにも世話を焼いていた

H220327juno.jpg

金曜日に約束していたのと
KYNちゃんの元上司や同僚が来るというので
久々にあってきた

H220327mahjyan.jpg

戦い済んで、メンバーと一息
帰りは、CHKと一杯やって帰ったが
毎晩遊び歩く
竜宮城
それしやはり、辺野古のことだった 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

「初心者のためのCHIKAKOのハッピーライフアフィリエイト」
CHKもアフリをやっている
覗いてみて頂きたい

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 17:15| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

基地増設案提示

平成22年4月7日(水)

これでは基地増設だ
下記貼り付けの「YOMIURIONRINE」によると
どう見ても基地増設としか受け止められない
手法は次のとおりだ

1.シュワブ陸上部に暫定的な代替施設を造る
2.徳之島に普天間飛行場のヘリ部隊の半分を移転させる
3.徳之島空港の滑走路を使用し、空港そばに駐機場を造る
4.ホワイトビーチ沖を埋め立て飛行場新設する
5.普天間は自衛隊が使用


となると
米軍飛行場が二つ増設されることになる
その上、徳之島飛行場を軍民両用とすると言う

基地拡大という信じがたい提案だ
普天間飛行場は存続し「有事の際利用する」と言っている
米軍だけでなく、自衛隊においても
日頃の離発着訓練は継続されることになる

Yahoo!ニュース・国内・国内から
ホワイトビーチ案「本命」…沖縄知事に官房長官
4月7日3時3分配信 読売新聞

「平野官房長官が1日に沖縄県の仲井真弘多知事と都内で会談した際、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先として、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部への代替施設建設と徳之島(鹿児島県)へのヘリ部隊移転を先行実施し、その後で米軍ホワイトビーチ(沖縄県うるま市)沖を埋め立てて本格的な滑走路などを建設したいとの意向を伝えたことが6日、わかった。」(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00001251-yom-pol

支持率下がる一方
現、鳩山政権は支持率低下に歯止めがかからない
脱税、政治献金問題
そして今度は、国民新党の支持率0
その支持率0の代表が、「郵政」を動かそうとしている

「郵政改革」は小泉氏時代に大量当選で決着したはずだ
それを、また元に戻そうとしている
この人の一言で国政が変わるのであれば
国会議員はいらなくなる
そうしたらいいのじゃないの亀井さん

貴方一人の日本ではないことを自覚するべきだ
今日のテレビのニュースで貴方はなんと言われた
「国民の意見は聞かない」と受け止めたが、いかがか

鳩山政権は確実に参議院選を落としたね

バナナの包装
話変わってコンビニなどで売られている
バナナのビニール製包装についてだが

H220407bananarap.jpg

初めのうちは見向きもしなかったバナナだが
栄養士の勧めで朝食に一本だけ摂ることにした

日頃あまり行かないコンビニで購入しているが
じつは大きな問題があった
どこをどうやっても包装が破けない

そのどうやってもをやり続ければ道は開けるものだ

H220407bananarap2.jpg

バナナの包装には折り目がついている
この折り目を境に、包装を左右に引っ張ると
いとも簡単に包装が剥がせた

たったこれだけのことだが
判らないと言うことは、知らないと言うことと同じで
それ相当な努力をして包装を取り払っていた頃を思い出すと
ついつい吹き出してしまいそうになる

朝食にお薦めは
バナナ1本
牛乳小さいのをワンパック
生野菜

程度だとっ がく〜(落胆した顔)

少ないさあなあ〜っ
果物は良いのかと思っていたら
摂りすぎは、カロリーオーバー
当分の摂りすぎに繋がるんだと
何にも食べられなくなってしまった がく〜(落胆した顔)

それでも、どこかで食べているんだよなああああ〜っ 犬
ワタボが治らん

(ワタボ=メタボ:ワタは沖縄語で「腹」の事、造語)

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 12:11| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

迷走・普天間移設先

平成22年4月9日(金)

迷走する米軍普天間飛行場移設問題
やはりそうなったかという思いだ
ホワイトビーチ沖合に建設する案は断念した様子だ

地元も反対
与党すら反対
反対運動を続けてきたのだから
結果的にそうなる

となると
やはり辺野古しか残らない
名護市長は基地反対派だから
今後どうなっていくか見当もつかない

「普天間」で政府 ホワイトビーチ案断念
        地元と与党反対 5月決着困難に

4月9日2時37分配信 産経新聞

「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が「2段階移設案」の最終移設先としてきた米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖に人工島を建造する計画を断念したことが8日分かった。」(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000510-san-pol

決算期と言うのに
決算期ということで、毎日多忙にしている
ストレス解消に深夜まで呑んではいるが
それでも、寝付けない日が続く

かと言って「ヌミックヮ」したら朝が起きられない」
         (沖縄語:呑み過ぎ)
早く決算期を抜けだし
「ウミナーク」なりたいと思う
          (沖縄語:煩わしさから解放されること)

しかし、それを過ぎると事業は目白押しだ
決算もしないといけないのに
今年度事業に於ける会場借り入れまで平行して行う
昨日までに、10月分まで借り入れた

名護市は、高校総体会場となり
職員車両の駐車場利用が出来ず、仕事が2週間つぶれる

その上、参議院選挙も予定されていて
期日前投票で、会場使用が出来ない
11月は、全土、日のラグビーサッカー場が押さえられていた

我々民間団体は6カ月前の予約が可能だが
市や、体協関係はそれ以前から押さえている
と言うことで
あれを避けこれを避けとしているうちに
年間事業実施日が詰まってくる

さらに、実施要項作成と参加者募集ももう始まっている

今後どうなっていくのか
一人事務局ではこなせない現実となった

思い煩ってもどうしようもない

と言うことで
食事に出かける 犬

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 12:13| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Pingoo!カフェ
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。