2008年11月16日

んみゃ〜く観光・夜の部

◆ 11月13日(木)〜14日(金)
初日の研修、懇親会も終わったところで
以前に行った事のある飲み屋に行くことになった
宮古地区の事務局長MNG氏の取り計らいだ

あっ
んちゃ
彼はこのブログの読者だ
うかつなことは書けないさいがっ わーい(嬉しい顔)

大丈夫っ
心配するなっ
宮古・MNG
あんたはちゃんとやっていたさいがっ わーい(嬉しい顔) 猫
問題ない


この方が「8番館・あかり」のママ
確かに昔は美人であった片鱗が伺える
ごめん
いまでもきれいだよママ 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

しかし、なんでか「あかり」と聞くたびに
「KOL」を思い出して仕方がなかった

「8番館の『あかり』」

タクシーに分乗して「あかり」へ


一通り乾杯の挨拶まで済ませて
いよいよ「オトーリ」が始まった
結局ボトル4本をたちまちのうちに開けた
カラオケも全開

ギャイジンバーがあると聞いて
ママに紹介してもらった

ザ・ガール

8番館からそう遠くはないところにある
まず、値段の確認
一杯取りは「コップ一杯で1000円」
たかっ がく〜(落胆した顔)
ボトルを一本も飲む元気はすでに残っていない
すぐに出ようと思ったら

某市の事務局長がすでにボトルを取ってしまって
後の祭り
出費覚悟で呑むことにした


ピンぼけも気にならないほどのできあがり具合
彼女とは意気投合
名前を聞いたら「高子」と言う

すぐに石垣市在、某店のママ「来間 高子」を思い出した
彼女も宮古出身だ
そのことを彼女に話したら
「知っている」と言う

なんで
なんで
なんで exclamation&question あせあせ(飛び散る汗)
と聞いたら
「面識はないが、最近CDも出していて私も購入した」
んでぃ

早速「高子を〜」に電話
CDも出したのか確認したら
間違いなかった

石垣の高子を〜とはこんなことがあった
初めて、八重山地区事務担当に案内されて
県老連事務局と私の3名で出掛けた
何でも彼女は八重山地区担当とは同級生だとか

高子:私、独身で結婚相手がほしい
私 :私で良かったら是非
高子:本当に独身
  と他のメンバーにか確かめた
答え:間違いない
高子:お友達でいましょうねっ
  即刻断りの返事

それでも、誠実な女性だ
石垣にある国立の展望台を
翌日案内してくれることになっていたが
本当に準備していてくれていた

残念ながら台風被害で閉鎖されていて
私の方からお断りしたことがあった

その後も、石垣へ行くたびに
県老連は、私をからかうために、わざわざ電話をしてきた
実にうらやましかった
また、石垣の健康づくり指導員へ電話を入れたときも
この店にいた
彼女とはたびたび話す機会があった

沖縄は狭いっ
たまたま行った店に
繋がりのある人がいる
悪いことは出来ないねっ 犬

まっ
そんなこんなで
いよいよ精算と相成った

「一人・3000円」でぃっ がく〜(落胆した顔)
なんでかあ〜っ
何で、コップ一杯が1000円もするのにっ どんっ(衝撃)
しかも、客は我々だけ
貸し切り状態で
その上カラオケは歌いたい放題

信じられない値段体型だ

で「ザ・ガール」の高子を〜っとは
沖縄に来る機会があるとのことで
再会を約束して
生き別れになった がく〜(落胆した顔)

と言う話だ〜ある ば〜あよを〜っ
しかし、最近私の周りは
「たかこ」ブッターしている

TYKの義理の妹も「たかこ」だしいっ
私の妹にもそういうのがいたしいっ


なんだっ
考えなくてもいいんだ
そういう名前の人が多いだけだよっなっ

はあ〜っ
良かったっ 揺れるハート わーい(嬉しい顔)
一生付いて回るのかと思ったさあ〜っ 眼鏡 犬
石垣の高子を〜となら
遠距離交際も辞さないんだがっ 眼鏡 猫 眠い(睡眠)

*************************************




posted by nagmas at 15:20| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

んみゃ〜く観光・昼の部

◆ 11月14日(金)


いよいよ研修も終わり
午後から観光へ出掛ける


以前写真を撮ったものの、記憶媒体を壊してしまった
今回は大事に扱った


出発前、慌ただしく打ち合わせをする添乗員
夜の観光も気楽につきあってくれて
姉ちやんはエキゾチックできれいだったし
兄ちゃんも好青年だし
実に気持ちの良い方たちだった
「日本旅行沖縄」は、良い職員を持っている
今後とも活用したい旅行会社だ

東平安名岬
詳細は次のウィキペディアにて
http://ja.wikipedia.org/
wiki/%E6%9D%B1%E5%B9%B3%E5%AE%89%E5%90%8D%E5%B2%AC
(折り返してあります・コピペしてください)


東平安名岬は風光明媚なところ
何度も訪れてはいるが未だ見飽きたという感じはない

「マムヤーの悲恋物語」と言うのが語り継がれている
そのまつられている場所もルート上にある
詳細は次にて」
http://www.miyako-net.ne.jp
/~kyoeibus/sima-higasiheian.html


コバルトブルーが美しい
散在する岩は、明和の大津波によって
打ち上げられたという

明和の大津波については次を参照
http://www7a.biglobe.ne.jp/~asai/44-2.htm

http://www.saigaidensho.soumu.go.jp
/saigai/import.2006-12-27.190314-1

写真情報の楕円形をした珊瑚礁
右は太平洋の荒波で、左は、東シナ海の波が
四方から押し寄せる
ちょうど太平洋と東シナ海の境界に出来ている

東の先から、今度は西の先池間島までノンストップだ


池間島周辺


この観光みやげ店の3階屋上から見る見晴らしは抜群だ


彼女たちは平良から来ているとのことで、美人揃いだ


おみやげを上記の店で購入した
以前、池間の油みそがおいしいと聞いていたためだ


おみやげ店の屋上から撮影した
後で気がついたが
白浜に移る陰
移っているのは私の陰だ


帰りに大神島を望む風景を撮影した
海の青さが何とも言えない

大神島は、立ち入り禁止の聖域が多くあり
島民ですら入らないという
また、秘祭と呼ばれる「祖神祭」があり
島民しか参加することができず
島外の人々は見ることが許されない祭りがある
島外から来た嫁ですら参加できないという

その他、大神島については次にて
http://www.pref.okinawa.jp
/chiiki_ritou/simajima/miyako.html

http://angel.ap.teacup.com/wainani/33.html

***********************************
posted by nagmas at 17:39| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

昨日の美ら海水族館

平成21年6月8日(月)

観光スポット・美ら海水族館
今や沖縄トップの観光スポットとなった
「美ら海水族館」へ行ってきた

沖縄では、ビーチ以外に
一日いても飽きない場所というのは少ないかもしれない
でもここは違う
海の生き物が、いろいろなパーフォーマンスを見せてくれる
何時までも居たいのだが

課題もある
我々も含めて、観光客が多すぎるため
空気が汚れている感じがした
その分息苦しく感じた

空気清浄機を稼働させていただきたい
インフルエンザもはやっている昨今
空気のよどみだけは頂けなかった

PAP_0256.JPG

いよいよ「美ら海水族館」見学へ

PAP_0253.JPG

ヒトデやなまこを実際に手で触れてみるコーナー
子供に大受けだ
嫌々ここだけではない
子供は水族館のすべてに夢中だった

種類別の飼育展示

PAP_0239.JPG

PAP_0243.JPG

PAP_0222.JPG

PAP_0221.JPG

PAP_0240.JPG

PAP_0238.JPG

巨大水槽

PAP_0227.JPG

PAP_0223.JPG

ジョーズ

PAP_02312.JPG

警告

PAP_0218.JPG

いるかの胃袋から出てきたビニール類
海への投棄がいかに残酷な結果を招いているか
これを見ると実に残念だ

死ななければ、私が・・・・・かもと思うともったいない ふらふら

そして出口

PAP_0217.JPG

館外へ出ても

マナティー

PAP_0213.JPG


おきちゃん劇場

PAP_0194.JPG

PAP_0195.JPG

PAP_0198.JPG

異種のいるかが仲良く泳いでいた

PAP_0190.JPG

PAP_0189.JPG

PAP_0188.JPG

メディアに取り上げられ有名になった「いるかのひれ」

近くの浜で

PAP_0207.JPG

PAP_0206.JPG

PAP_0208.JPG

sakana.JPG

小魚が水際で泳いでいた

帰りにも

PAP_0185.JPG

噴水の仕掛けがおもしろく、子どもたちの興味を引いていた

実に探求心をくすぶる
最高の展示だったが・・・がく〜(落胆した顔)
もし、刺身にしたら・・・わーい(嬉しい顔)

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 15:41| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

本部半島巡り

平成21年6月18日(木)

続く雨
このところ雨が降降り続いている
大降りはなくなったが
道路が乾かない程度に小雨が続いている
(今はかなり強い雨が降っているが、降ったり止んだりだ)

うちの中も蒸し暑く、じめじめとして
洗濯物も乾かない

そういえば、久方ぶりにネズミが我が家に侵入していた
洗濯機周辺から異臭がして気づいた

当然、その通路にねずみ取りシートを仕掛けて
難なく捕獲した

原因は、風呂場の窓を閉め忘れたこと
それにしても、ほんの一時の隙を逃さないネズミも偉い

市営住宅にネズミが出没し始めたのは
その周辺にいた野良猫が
急に居なくなったことが大きな要因だ
「ノラ」でも役に立っていたのだ

観光には不向きな時期だが
うっとうしい雨が続いているが
ダム事情を考えるとそうも言ってはいられない
知り合いとの会話にも時折、ダムの水量の話が出る

今日も、ダムの貯水量が好転しているようで
その面から見れば、まずは良かったというところ
それでも、60%程度だから
梅雨が明けたとしたら、即

節水
時間給水
隔日時間給水

と、断水状態が続くことになる
観光立県もいいが
市民生活にしわ寄せが来るのはいかがなものだろうか

本部半島の見どころ
「美ら海水族館」への最短コースは
名護から左回りの海岸線がお薦め
道路もかなり整備され、国力を思い知るほどの変貌ぶりだ

PAP_0264.JPG

道中、安和の「琉球セメント工場」を超えると
「石山」(採石場) が右手に見えてくる
その左手に休憩所があり
そこから見える名護湾が実にすばらしい
釣り人も居たので、何か釣れるのだと思う

道路も四車線で広々としていて、格好のドライブコースだ

しばらく行くと、本部町に入る
山から海水が川となって流れている、天然記念物指定の塩川
そして、本部新港本部町健堅へと抜ける
健堅から瀬底島へ渡る

PAP_0261.JPG

瀬底ビーチ
今は管理され、入場料を取っている

PAP_0259.JPG

PAP_0259.JPG

確か、リーマンショックによる倒産とか聞いている
建築途中だが、資金が続かず採用した従業員も解雇されている

瀬底島は、島中に宿泊施設が出来ている
今や人気のスポットだ

PAP_0258.JPG

瀬底島から観た大橋の風景
左右の海がまたきれいだ

そして次は、「沖縄海洋博覧会記念公園」の
「美ら海水族館」と「おきちゃん劇場」

PAP_0257.JPG

記念公園正面入り口から伊江島を望む

そして次は、今帰仁城史
世界遺産の一つだが、今回は時間の都合で見に行かなかった

PAP_0181.JPG

馬場の史跡

PAP_0180.JPG

馬場の説明

そして、仲宗根に抜ける
仲宗根には、「美しき古里」で有名な「今帰仁酒造」がある
おいしいパン屋さんもあって
名護からわざわざ買いに行く人もいるほどだ



本部半島一周は、名護市仲尾次の交差点で終わる
時間があれば、屋我地経由古宇利島というのもある
以前は、ウニ丼で有名だった
今でも、ウニどころだ

さらに時間が許せば、多野岳へ上るコースもある
多野岳から、羽地内海が見渡せる
視界が開けないこともあるのでそのつもりで行って頂きたい

「ラジオラ」の行き先が無い
ラジオラの移転を余儀なくされているが
未だに、見つけられないでいる

ラジオラは、私の施設博物館で
音とラジオの歴史博物館 「ラジオラ」として
近くの空き家を借り受けてオープンしたが

大家の都合で移転を余儀なくされている

ラジオラの詳細は次にて
http://www.yanbaru.ne.jp/~RADIOLA/

「WellCom」のアニメをクリックする
メニューのページから中に入れる

私としては、辺野古に残したいのだが・・・

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 12:57| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

涙の知覧特攻平和会館

平成21年7月15日(水)
昨日せっかく書いたブログをかき消してしまった
気を取り直して再度書く

九州ブロックリーダー研修会が終わって

7月10日(金)
昼食を「知覧特攻平和会館」近くでとった

h210710lunch.jpg

メニューは奄美大島の「鶏飯」
食べ方一つで、簡単料理が特別料理となることを知った
タコライスも簡単料理だが、結構受けている
「鶏飯」もいずれ、いや、もう全国的メニューで
私が知らなかっただけなのかもしれない

◆ 「知覧特攻平和会館」

昼食後、徒歩で平和館へ移動

hayabusa.jpg

途中、撮影で使用した戦闘機の模型が展示されていた

PAP_0245.JPG

全国で散った特攻隊員を祀る「特攻平和観音」像がある
その左脇に、1,036名の氏名が書かれた碑が建てられている

行く先は「沖縄」

PAP_0243.JPG

右上角トップに沖縄から出撃された方の名前があった

h210710tokkohname.jpg

「伊舎堂 用久」(いしゃどう ようきゅう)と読める

研修会で事例発表をされた、石垣市老連副会長が
彼のことを話してくれた

「この方は、終戦3日前に石垣から出撃した
自分の家の上空を3回旋回して飛び立ち
二度と帰ってこなかった」
「あと三日で終戦だったのに悲惨だね」

その他に、「島袋」名が2名いる

特効隊員は年齢も若い
一番年長は33才から10代後半の若者だと言う
そして、沖縄に向かった

Tokkohhahanozoh.jpg

モデルはいないと聞いた「母の像」
詳細は次にて
「南九州市」のホームページ

知覧特攻平和会館について

「ウィキペディア」「知覧特攻平和会館」

特攻の状況説明が胸に響く
内部は撮影禁止だったのが残念
男性の解説者が説明をされていた
私は途中から聞いたが

まず印象深かったのは、その語り口
言葉がすんなり入ってくる
淡々と話す
横道にそれない
プロジェクターで写真を写していたが
その動きと説明がマッチ

これまでにない語り部だ
是非多くの方に聞いて頂きたいと思った

特に「特攻の母」や「ほたる」の話など
この話は、テレビの特別番組で知ったが
涙無しではいられない

後に残された者もまた悲惨だ
戦争は残酷だ
特攻で死んで行った者
そして、特攻に行けなかった者
後々まで、自分だけ生き残った
あの時別れた友を思い出しては悔やんでいると聞いた

また
9.11を思い出したのは私一人ではなかった
人を人とは思わない
そのような行動に人を駆り立てる

戦争は
みんなが傷つく
勝ち組も負け組も
死んで行った者も、生き残った者も
裏で起こった悲惨さに違いはない

私の叔父も沖縄戦で亡くなっている
その叔父の弟である叔父は
戦後長らく、体の続く限り遺骨収集に参加していた
「少しでも、兄の遺品を見つけたい」との一心だったという
そして、遺骨収集は未だ続く
戦後は終わっていない

戦争で亡くなられたすべての方の冥福を祈りたい

****************************************
posted by nagmas at 10:46| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

ゴールデンウイーク

平成21年9月21日(月)

ものすごい人出・全島が動いた
今日は、敬老の日
名護市では、新百才表敬訪問が行われる
内閣総理大臣の銀杯・県職員
名護市長から記念品の伝達
名護市老人クラブ連合会から金一封
・当該支部長、単位老人クラブ会長から金一封が伝授される
私も同行しなくてはならず
今日はこれから出勤だ

さて、友人が来島したので那覇空港へ迎えに行った
待っている間、出口から吐き出される様に出て行く人、人、人
何かのように人が出てきた
これらの人々がこの数日間沖縄を駆け巡る

初日は、夜も遅かったので、辺野古回り

PAP_0135.JPG

「み〜な」は、ハローウィンの準備が始まっていた

連休初日

H210919kita-kohri.jpg

古宇利島観光
アクセスは、名護市羽地−屋我地−大橋
小さな離れ島だったが
今では立派な観光名所だ

昼食を摂ったが、メニューは「ウニ丼」
ご飯とウニの間にのりが敷かれていたが
せっかくのウニの味が半減し、余計な味つけだった
値段も高い
話しによると、以前は安く量もあったと言うが
今では観光知的価格となっている
それでも、ウニ丼定食に着いてくるその他の食材は別として
一応一押しのメニューだ

H210919ohgimiyeki.jpg

次は、大宜味村の道の駅
最近テレビのレポートでも有名になっているが
果物類はそう安いとは思えなかった
入り口の屋我地で売っていた果物は高かったが
無人販売所のシークヮーサーは極端に安かったので購入した
昨日まで、いろいろ値段を見て回ったが
屋我地の一袋100円に勝る値段はなかった

H210919hedomisaki.jpg

辺戸岬
当日は荒れていた
駐車場まで波しぶきが上がってきた

H210919Hukuchi.jpg

辺戸を回り福地ダムへ
途中、パインがあったので内容を見たら
一個240円
他と比べて極端に安い
「ポニー」で食べてみたが、それほどではないにしろ
一応お薦めの品だった

福地ダムの北側排水口では、水かさが少ない
阿波ダムでは一応水があったのだが
このままで行けば渇水は避けられない

台風が、まだ一個も来ていないのだ
これはやばい状況だと言える

連休二日目
許田の道の駅経由で「美ら海水族館」を目指した
許田を過ぎた当たりから渋滞
ようやく道の駅に到着し、昼食を摂って目的地変更
急遽、中南部観光に切り替えた

H210920kyodayeki.jpg

かりゆしウェアーが1000円程度
これは安い
県内産と言うが、通常は4000円程度はする
早速購入した

H210920manza.jpg

「万座毛」から見える風景
昨日とは打って変わって遠くが何とか見える
恩納村観光はなんと言っても、海岸線の綺麗さにある

それにしても、この人出
沖縄の人口が一気に倍増したかのようであった
ダムの水が日増しに減っていく理由がよく分かる

観光客には、節水に協力して貰いたいものだ
私のような一元住民でさえ
この様な心配をせざるを得ない水事情が見える

さて、昨日の渋滞
今日はどうなるのか
職場にたどり着けるかどうかも問題だ
とりあえず行ってくる

今日は、皆さん疲れているだろうから
動かないように希望して
出勤準備に移る

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 08:54| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

北部観光の課題

平成21年9月23日(水)

沖縄のウナギは新種だった
Yahoo!ニュース・国内・国内より

<沖縄タウナギ>固有種と判明 570万年前から独自進化
9月23日13時33分配信 毎日新聞

 環境省が絶滅危惧き(ぐ)種に指定している淡水魚・タウナギのうち、沖縄に生息する種は、570万年以上前から独自の進化を遂げた固有種であることが、奈良県橿原市昆虫館の松本清二指導主事らの調査で判明した。(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000013-mai-soci

もしかして、ついこの間食べたウナギもそうかもしれない
友人が捕って来て振る舞ってくれたが
淡泊で、これと言って取り柄がない味だった
沖縄メダカがそうであるように
種の保存の意味からも、やはり保護は必要だろう

北部観光の課題
先の「ゴールデンウィーク」「初日」でも伝えたが
9月19日は北部観光に出かけた
私の場合は常に西回りをしている

H210919Kyoda.jpg

課題一:この一年中発生している松の「紅葉」
特に自動車道の許田インターチェンジ辺りは深刻だ
いかにも北上しているように見える
このまま放置していて良いのか疑問だ

沖縄の山の植生は
「松やシダ」に始まり
「イタジイ」で終わる

今後はどうなるのか
ウリミバエやミカンコミバエ等を根絶した沖縄だ
きっと何らかの手を打ってくれるだろう

課題二:進む中南部西海岸観光
観光地や、レジャー、宿泊施設など
中南部や北部の西海岸に多く集中している
東海岸には魅力がないかというとそうでもないはずだが

西は海
東は山と米軍施設
と言った構図が見える

その中でも、山原(やんばる:北部地域の山が多い事を指す)は
森林だけでなく海も綺麗だ

H210919Hedoturn.jpg

北部最北端の辺戸岬
画像は、そこから奥方面を見る
ここを左側へ向かえば、東海岸だ
西海岸は
辺戸岬まで、道路も整備され良いドライブコースだ
若者にも受けるコースだが
これに比べて、東海岸は整備されていない

道路も蛇行が続く
延々と同じコースが続いているように思える
残念な事に、道の駅などの休憩地も全くない
未開発地域なのだ

課題三:豚など家畜の屎尿処理
辺戸を東に抜けた途端
海岸より、山の中を走るコースが増え、両脇は雑木林となる

「奥」区を通り越した途端
強烈な家畜の屎尿の臭いが辺り一帯を埋め尽くす

森林のオゾンを含んだ空気を胸一杯吸っているところで
「ウッ」
と、全くのぶち壊しだ

豚舎,牛舎等から出る糞尿処理に課題があるわけだ
確かに飼育している人達にも飼育する権利がある
だからと言って
悪臭を辺り一面に漂わせて良いと言う事は無いはずだ

沖縄自動車道では、石川、屋嘉
一般道路では、名護市稲嶺辺りもそうだ

ここら辺は、観光立県を目指す沖縄にあっては
絶対にクリアすべき課題では無かろうか
観光関係で食べている方々は
企業、故人を問わず
出資してでも、消臭に努める必要があるのではないだろうか

北部東海岸観光
安田
本線からかなり奥に入った、海辺の小さな集落だ

H210919ada.jpg

最近では、「安田ぬしぬぐ」と言った伝統行事や
「ヤンバルクイナ救命救急センター 」などでも知られている
とてものどかで静かな集落だ

私は、幼少の頃「安田」に来た事があるが
当時は異境の地といった印象があった

H210919Aha.jpg

安波
三線の習い始めの「安波節」で有名
「安波ダム」建設で
村の中を流れていた川が枯渇した事もあった

昔は、画像の背面の斜面に茅葺きの民家が数多くあった
道路が開通した途端、全てが近代風に改築された
特異な形態の集落だった

まだその様な家屋が残っていたとき
早めの保存対策が必要だと感じていたが
今となっては、過去の話だ

H210919Hukuchidam.jpg

「福地ダム」北側の排水溝
安波ダムは、水が見えたが、福地ダムの端々では水がなかった
総合で60%程度の貯水率だと言う
これから先、台風でもなければ
貯水率向上は望めない

国頭村から東村へ抜けると
山や畑だけで
これといった観光レジャー施設はない


東村では、「宮里藍」に頑張って貰って
「宮里藍資料館」等をつくり
せっかくの逸材を生かしていけば
東海岸観光にも一役買うものと思う

いずれにせよ
水は資源だ
国や県は、北部の山林をつぶしダムとした
そこで集めた水は、中南部などの一般住民や
ホテルなど観光施設で多く使用されている

水を北部に依存するのであれば
もっと北部の生活環境向上はもとより
地元志向の就労先の誘致に力を入れる必要があると思う

このブログのコメントから
最後に、私へのコメントを紹介させて頂きたい
奈良の大仏さんより

「連休は沖縄は<わ>ナンバーばかりですもんねー。沖縄の方達は気が付かないかもしれませんが辺戸岬から東側に戻る途中のあのヤンバルの山並みの景色にはどんなに感動したことか!!!沖縄の住民にはなんでもなく思えることでも内地からの人にはとっても感動するものがたくさんあるんですよー。」

「けらまーみーゆしが、まちげーみーらん」
  (慶良間島は見えるがまつげは見えない)
・「余所の事はよく見えるが、自分の事は見えていない」の意
・「灯台もと暗し」と同意

そう言えば、石垣で個人経営などの仕事をしている方々は
本土の人か、宮古島などの人が多いと聞いた

また、この事は、沖縄でも言える
昔、中南部での成功者の多くは山原出身だったという

今では、海洋レジャーや個人経営の宿泊施設などは
本土出身の方が多いとか聞いた

奈良の大仏さん
ありがとう 犬

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 17:42| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

おもしろ地名の旅

平成22年1月4日(月)

仕事始め
今日は仕事始め
早めに出勤したが、なぜか背中あたりが寒い
どうも風邪が回復していないのかも知れない

H220104beginwork.jpg

社協会長の挨拶で、仕事始めの食事会
ビールも出たが、帰りの代行代を考えると
自粛せざるを得なかった

やはり、子供専用の小さな木製の腰掛けに座らされた
けつの骨と尻の皮が当たって痛い
早々に退散した

その後、「名護市新春の集い」が開催されたが
風邪を理由に出席しなかった

たこを揚げました
昨日は、一向に上がらず涙を呑んだが
今日は久々にたこを揚げた

H220104 kiteflying.jpg

かなり高くまで安定して飛んでくれた
ところが
風が止まると失速して墜落する
急いで凧を降ろしたのだが
糸がマチブッテ(もつれて)しまって元に戻せない
そのまま事務所に引き上げた

珍地名ツアーだと
Yahoo!ニュース・国内・国内から

マルデアホな旅で元気に、会社員が珍地名紀行本
1月4日12時8分配信 読売新聞

「埼玉県入間市の会社員が、約13年かけて国内外の珍しい名前の土地100か所以上を訪ねた記録を出版し、話題になっている。エロマンガ、マルデアホ、笑内(おかしない)、鼻毛、南蛇井(なんじゃい)……。思わずニヤリとする地名のオンパレードに、「会社を解雇されてつらい時に本を読み、元気が出た」などの感想が届く。」(以下略)

詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100104-00000476-yom-soci

沖縄の珍地名
そこで沖縄の珍地名を紹介しよう

恩納の伊武部(恩納村にある伊武部ビーチ)
・豊かな海で楽しく泳げる
 (豊海:沖縄語で「女性の陰部」そのもののこと)
  どう読むのか書いても良いけど
  削除されると困るので・・・・・・
  トヨウミとは読まないので、別の読み方で ヘ(;・・)ノ

満湖公園・Yahoo!で検索してみた(Yahoo!知恵袋から)

私の娘が学校の授業で「満湖」という湖?島?という所を習ったそうです。自慢げに...
どうしたらよいか
」と言う質問内容に対するベストアンサー

一定の年齢以上の大人には、知名度が低くて誤解されやすいだけに、きちんと説明しておかないとあなたが大変なめにあいますよ。噂にはすぐ尾ひれがついてふくらみます。「説明しなくてもわかるだろう」は面倒くさがっているだけのことで、絶対に禁物です。大至急!

詳細は次にて
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111129561

沖縄の湖で満湖ありますが

沖縄の湖で満湖
ありますが

もし満湖で事件、事故等があった場合
関東地方のテレビのニュースは、どう発音したり
するんでしょうか?

そのベストアンサー
去年かな、ニュースででたよ。
女性アナウンサー(だったと思う)が、しっかりと沖縄県の**(所在地名)ま・ん・こと読んでました。ホント。
誤解なきよう、もう一度かきます。
マ・ン・コでした。
事実だからしかたなく書きました。ワタクシの人格とは無関係です。
ニュースの中身は、したがってなーんにも覚えてないです。


詳細は次にて
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1031957995

と言う話

辺野古だって
昔の国語辞典には
「辺野古」(読み:へのこ)がちゃんと説明されていた
最近は見つからないけど

沖縄語が悪いのではない
日本語がその様な意味を持っているのであって
決してわざわざ意図して付けている訳ではない

だいたい
勢理客さんが一番で入っても「じっちゃく」と
言ったとか言わなかったとか

「勢理客」(「じっちゃく」と読む)

本当かどうか分からないのだが
某議長のXYLさんの話

昔ワンマンバスで、運転手が停留所の案内もしていた頃
バスが沖縄市の「プラザハウス」前にさしかかった
そこでにわかに発音の悪い運転手
「ブラジャー前ゑ〜っ ブラジャー前ゑ〜っ」
と言っていたとか


そのバスが今度は、名護市世冨慶にさしかかった

世冨慶(よふけ)〜、世冨慶〜 昼来ても、世冨慶〜っ
と言っていたとか

別件でまだあるぞ
名護市に宇茂佐(うむさ)と言う区がある
  ウムサ(沖縄語で面白い、楽しいの意)
そこには、モーテルがある
  ウムサンドー(おもしろいよ)


ごめんなさい
これが私の人格です

私は逃げない わーい(嬉しい顔)

逃亡者はキンブルで十分

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 21:29| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

お薦めコース・本部町観光

平成22年2月22日(月)

本部町観光に行って来た
本部(もとぶ)町観光は、結構楽しい
観て、食べて
満足感のある多くのアイテムが揃っている

瀬底島

H220221瀬底リーマン.jpg

しかし、瀬底島はもったいない
アメリカの「サブプライムローン」問題に端を発した
建設途中のホテルが骨組みの一部を残して倒産した

琉球新報社の当時の記事を参照
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-135736-storytopic-4.html

H220221瀬底海.jpg

瀬底大橋・瀬底よりの橋の上から撮影
沖縄の海は、透き通っていて、海底の状況により色が変化し
珊瑚砂の場合、海がエメラルドグリーンに見える

食べる
本部町には有名なそば屋が数多くある
伊豆味の「食堂ちえ」を予定していたが「日曜定休」
やむなく、飛び入り

H220221もとぶ牧場.JPG

本部大橋の名護寄りの埋め立て地左手にある

H220221もとぶ牧場2.jpg

内部は、広々としてきれい
清潔感あふれる和洋折中の焼き肉屋のようだ
お昼のお薦めメニューとしたが
美味しい
残念ながら、もとぶ牛は食べなかった
「通風」が頭をよぎる がく〜(落胆した顔)

「美ら海水族館」
水族館周辺の広場で「美ら海花まつり」が開催されていた

H220221美海館入口.jpg

正面ゲート入り口から伊江島を望む

H220221美海館入口望.JPG

入り口の階段を下りきると、広場になっている
噴水や、花の飾り付け
ピエロいて、いろいろな芸を披露してくれる

H220221美海館入り口水槽.JPG

水族館入り口の水槽
海の浅瀬に済む生物が何種類もいて
手で触れることも出来る

H220221美海館サカナ2.JPG

H220221美海館サカナ1.JPG

H220221美海館サカナ3.JPG

通路の始めの展示物は小魚
次第に深海へと進む

H220221美海館カニ.jpg

タカアシガニ
尻餅をついたのを目撃したが
面白い動きをする

H220221美海館大水槽.jpg

H220221美海館大水槽2.jpg

「黒潮の海」大水槽は圧巻
何度観ても楽しいところだ

そして、外へ出るとマナティーやウミガメが待っている

H220221美海館カメ.JPG

今回は、イルカショーは観なかった

水族館へお願い
楽しませて貰っていながら
ものを言うのはどうかと思ったのだが・・・
そこはやはり言わないとね

私だけでしょうかね
館内の空気が悪いような気がした

ほこりが舞っているような感じで
水槽も曇っているように見えた

換気するだけでも良くなるのではないだろうか

観る側の問題
言いたくはないのだが
私も、20数年博物館らしきところにいたものだから
相当気になる行為がある

・アクリル製水槽の面を手で触ったり叩いたり

これは、子供に多かったが、結構多くの人がやっていた
触らないといけないようなことですかね
特に子供がやらかしているのに
親は注意すらしない

それと、衛生面だ
多くの人が触るから、表面が手の脂で汚れていた
その上を子供がなでる

衛生悪いと思わないのですかね
新型インフルエンザが遠のいたと思っているかのようだが
もしかしたら、その手に着いたかも知れない

恐ろしいことだ

水槽の面を手でたたく

魚の気を引こうと思っているようだが
たたけば水槽に負担がかかる
驚きこそすれ、寄って来るなどとは考えられないけど・・

まっ
それで寄ってくれば御の字だと言うことかも知れない

ということで
言いたいことは

水槽の表面を手で触るなっ 汚れるだろう

解決策はただ一つ

目で観るだけ」にしておけ

貴方が、超能力者でない限り
観ただけでは壊せないはずだ

この方法は
他人の物を見せて貰う最低のマナーと心得るべし 犬

おわび
最近多忙で
せっかくご訪問頂いたいるのに
こちらから訪問することもままなりません
しばらくはご容赦ください

えっ
長くはありません
ほんの
7月程度まで・・・犬

判りました 猫
出来るだけ時間をつくって訪問するようにします わーい(嬉しい顔)

と言うことで
それでは
また 揺れるハート わーい(嬉しい顔) 犬

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 22:02| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

大屋 (うふやー)

平成22年2月25日(木)

ようやく動いたシーサー
長かったですね
シーサーブログにアクセスできなくなって
特に解禁と成ったその後は
一向に繋がらなくて

結局、データが古くなる
でも、まだ間に合うかも
と言うところで
今回も画像だけ

じつは、これから
名護市いきいき大学(高齢者向け)の教室がある
今回は、久志区と屋部区
運転手を仰せつかった
では

自然は急ピッチ

H220223山桃.jpg

市営住宅中庭の、山桃の木
実を付けている

H220223森の駅.jpg

森の駅
背景は新緑

「大屋」(うふやー)
観光名所とも成っている
月曜日に出かけた時は、団体客でいっぱいで
やむなく別の店に行ったが
火曜日は、比較的すいていた

H220223大屋正面.JPG

大屋(うふやー)の正面

H220223大屋食事処.JPG

ここが食堂
沖縄の旧家を移設して改装してある

H220223大屋食事中.JPG

み〜なとKOLと
毎週火曜日の「市内グルメツアー」

H220223大屋食menu.jpg

メニューは、「沖縄そば」
いろいろな種類がある

H220223大屋パイン酢.jpg

他の棟では、製造販売も

H220223貸衣装.JPG

観光客用に貸衣装も

H220223まちやぐゎー.JPG

まちやぐゎー (お店)

H220223大屋まちやと女.JPG

15分も品選びに精を出していた

大屋
名護市中山在

アクセスがなかなか難しい
調べてから出かけること
特に、集落内は道も狭く危険
大通りを迂回して行かれることがベスト

では、出かけてくる

※ 追伸
おいしかったっ 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 09:17| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

食事会に招待された

平成22年3月19日(金)

マグロ問題回避
マグロ問題は何とか乗り切ったようだ
しかし、安心してはいけない

たこ禁漁・禁輸」も目前だし
捕鯨問題」もある

今回は、クロマグロだけだったが
そのうち全てのマグロと成りかねない

日本は、世界中から魚介類を輸入している
気をつけないといけないのは
獲れなくなった時どうするかだ

養殖物もあるとは言え、天然物には勝てない
多かれ少なかれ、薬品を使うことになるし
飼料もバカにならない
今から、資源保護との両立を図っていかないと
この問題は、今後も尾を引くことになる

Yahoo!ニュース・国内・国内から
<クロマグロ>「よかった」禁輸否決に首相
3月19日10時14分配信 毎日新聞

「鳩山由紀夫首相は19日朝、大西洋産クロマグロの禁輸案が、ワシントン条約締約国会議の委員会で否決されたことについて「クロマグロの価格がこれ以上上がらない状況が続くと思うので良かった」と歓迎した。一方で「ただ予断を許さない。このあとなにが起こるか分からないから」(以下略)
詳細は次にて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100319-00000017-mai-pol

myにおごられて
myは、今の仕事についてもうすぐ一年になる
職場ではかなりの人気者だと聞く
そのmyが、家族を誘って食事に招待してくれた

長男は部活で行けない
KTYも行けない
そして私に回ってきた

と言うことで
「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」
に行ってきた

H220317kilfam.JPG

まずは食事
焼き肉だったが
いくら食べ放題とは言え、腹には限界がある
私は、どうしても、ご飯とみそ汁
スヌイ(もずく)も好物の一つなので
その他の食材を食べきれなかった

酒は、「忠孝酒造」泡盛
たちまち満腹

H220317kilTme.JPG

ラウンジへ移動



沖縄の今はやりの歌を聴かせてくれた

H220317kariyushi.JPG

ラウンジから見える光景

H220317kol.jpg

KOLが酔い始めた

H220317kolmymom.jpg

H220317kolmy.jpg

myは良い娘だ
それでも母親としては不満があるようだ

H220317myme.jpg

この日の支払いは、my
全ておごって貰ったが、楽しい一時を過ごせた

myの勤め先
「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」
地図を載っけておく

インブビーチが向かいにある(嘘ではない本当の名称だ)
オンナのインブビーチで泳ぎ体が疲れたら
ホテルでゆっくり夜を楽しむ
それが出来る大型のリゾートホテルだ

以前に紹介した、同僚の結婚式会場もここだった
名護市内にも近い
楽しめるリゾートホテルそのものだ



`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 14:15| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

「あわもえ」入手

平成22年3月20日(土)

泡盛文化の発達
2月11日から新発売になった
あわもえ
ようやく入手できたので紹介したい

H220320moye.jpg

左は、ボトル専用パック、右がボトル
720ml入り

取りあえず味見となり、瓶詰めの日付を何気なく見た

H220320moyecap.jpg

なんと、瓶詰めの日が「2010年2月4日」とある
間違いなく、発売日以前の製品だから
「記念ボトル」
呑むわけには行かなくなった

Yahoo!ニュース・リンク「琉球新報」より検索
美少女キャラの泡盛 請福酒造「あわもえ」
   発売2010年2月11日

「美少女キャラクターを採用した「萌える泡盛 琉Q銘酒あわもえ」
 請福酒造(漢那憲隆社長)は11日から美少女キャラクターを採用した泡盛「萌(も)える泡盛 琉Q銘酒あわもえ」を発売する。漢那社長は10日、琉球新報社を訪れ「若者を中心とした新たな泡盛ファンの開拓と土産品としての差別化を図りたい」と話した。」
 (以下略)

詳細は次にて
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-157312-storytopic-114.html

H220320moyeB.jpg

発売は「請福酒造」
県内では有名な酒造所の一つ

H220320moyebox.jpg

H220320moyeboxB.jpg

ボトル専用パックにも趣向を凝らしている

H220320moyeL.jpg

H220320moyeR.jpg

ボトル正面左右の表示

H220320moyecard.jpg

沖縄観光案内のトレカ
ボトルに一枚付いている

泡盛のこの手の始まりは
おそらく「多良川」酒造の「ももこ」に端を発している

ももこのボトルの専用パックは質素だが
「あわもえ」は、紙パック全面にいろいろ書かれている

「請福酒造」では、ボトルプレゼントを抽選で行っている
紹介すると私の当たる確率が減るのだが・・・猫
ホームページから・「請福泡盛プレゼント」へと進む
「楽天」会員となる必要がある
応募締め切りは3月22日

請福酒造 有限会社
〒907-0024 沖縄県石垣市新川148-3
TEL:0980-82-3166 FAX:0980-82-5386
e-mail:support@seifuku.co.jp

ホームページ
http://www.seifuku.co.jp/

えっ
味ってかぁ〜っ
記念ボトルだから開けられんだろうが もうやだ〜(悲しい顔)

だからボトルプレゼントに応募したさぁ〜っ 眼鏡 モバQ

噂によると
「呑みやすい」
だとよを〜っ 猫犬

※ 追伸
後で分かったことだけど
このボトルは
「発売日当日に石垣市内で入手した」とのこと
やはり発売記念ボトルだった
揺れるハート わーい(嬉しい顔)

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 16:23| 沖縄 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

いろいろあって

平成22年4月18日(日)

おひっさあ〜ぁっ
「おひっさあ〜ぁっ 」は、ビンちゃんのパクリ
本当に久しぶりだ

昨晩はKOLから
「ブログ更新してないけど」とメールがあった

やはり元気にしているところは見せないといけないから
溜まりに溜まったネタを書くことにした

まず書けなくなった理由は、前回の件が原因
せっかく書き上げたのに
全てがパー

シーサーさんは、ここら辺の見直しは必要なことだと思う
私だけではない
かき消してしまった例を幾つか聞いている
と言って、自分を慰める わーい(嬉しい顔)

沖縄は狭いっ
さて、直勤の話

離島から友人が訪ねて来たので
名護市在の「宮里そば」へ昼食に誘った

席は満杯
やむなく、女性高齢者と同席することにした

ところが、この高齢者
したたかユンタクー (とても おしゃべり)

自分の「息子が離島から帰ってくると言う
最近転勤が決まった」とのこと

友人がその息子の名前を聞いた
高齢者:ブーちゃん

がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔) モバQ

じつは、この「ブーちゃん」と言う方
ブログもやっているというので
先の友人から
「ブログサイト検索」の依頼があったばかり
その上、送別会にも行ったという

一昨日偶然に聞いた「ブーちゃん」
昨日は、その母親と同席していた

ちなみにこの高齢者
「大宜味から来た」とのことで
「旦那さんを家において一人で飛び歩いている」とか

「後期高齢者は、航空運賃も安いからどこへでも行ける
あなたたちも早く後期高齢者に成ったらいい」
と、お誘いがあった

帰り際
いらないというのに
キュウリなどお土産をくれた

沖縄では
「石を投げれば親戚に当たる」と言われるほど
狭い世間なのだ

二つある「恩納」バス停
沖縄本島北部には
「恩納」と呼ばれるバス停が二つある

H220119MotobuOnna.jpg

これは、本部町伊豆味近くにあるバス停
そのバス停名の下に、両隣の停留所名が書かれている
その左に、「恩納」とある
地図で見てみると、「恩名」とあるので
書き間違いだと思うが、長らくそのままだ

H220416OnnaOnna.JPG

これは、恩納村恩納のバス停

恩納だけあって、「女」にまつわる名称がある

H220416Onnastore.JPG

恩納村にある「おんな売店

恩納村の道の駅は、「おんなの駅

H220416Onnainbu.jpg

恩納の「伊武部」
ここのビーチ名は、「いんぶビーチ

最近閉まっているように思うが
一応有名なビーチだ

まだある
万座毛」(まんざもう)
けっして(まんざげ)ではない
(毛は「もう」という沖縄語だ)

H220416MOnna low tide.JPG

4月16日は、旧暦の3月3日
「浜うり」は女性の行事
本土では、「ひな祭り」で女の子の行事だが
この日は大人の女性の行事

大潮で、潮がかなり引くので
ほとんどは家族総出で、リーフ等で貝を捕ったり
タコを捕ったりして楽しむ

地域によってその行事の持ち方も違う
海岸近くの広場で親族が集まって宴会をするところもある

さて
今日も、「おんな」で遊ばせてもらった 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

はは

88 揺れるハート わーい(嬉しい顔) 犬

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 17:44| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

朱の眠り・請福酒造

平成22年6月8日(火)

やりがいのある仕事は行動力を生む
次に示す事業は全て、私一人が関わっている仕事だ
全てに運営責任がある
いかにこなすか
踏ん張りどころでもある

なぜこのように自分の行動を書き込んでいるかというと
「市老連事務局の動きが見えない」と、名護市役所側の弁
なら、見せてやろうと言うこと
おまえなら
これだけのことはやれるだろうと言いたいのだ
遊んでいてやれると言うのならやってみろとかねっ 犬

日本一最低賃金の私が言うのだ
くそっ 眼鏡

でもさ
仕事は面白いぞっ
やりがいがある
多くの高齢者が支援してくれる
夢が実現する
嬉しいではないか わーい(嬉しい顔)

金は欲しいが もうやだ〜(悲しい顔)
多くの仕事は、気ままさが着いてこない
私ほど気楽に仕事をしている人はいないのでは無かろうか
<
この間の事業予定削除
<
以上
これからの仕事だ
実に大変なことになってしまった 犬

この仕事、来月も続く
休暇は、7月の末から8月初旬まで
高校総体のお陰で、仕事を休むことになった

これから理事会準備だ

「朱の眠り」
石垣市の「請福酒造」から
「あわもえ」に次いで新発売されている

呑み心地は、軽やかな古酒風味
かなり呑みやすい
石垣市限定で発売されていると聞いた
<画像削除
ボトルケースとボトル
全てが赤づくし
<画像削除
中身は透明の泡盛
<画像削除
ボトルの裏
<画像削除
外装の裏
<画像削除
外装の説明書き

詳細は後ほど

仕事するっ 犬

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 10:35| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

古宇利島観光

平成22年7月11日(日)
今日は快晴
辺野古上空は雲一つ無い
カラッとして、日差しがカーッと射している
外気温:31℃
夏本番だ

H220711morinoyeki.JPG

今日13時過ぎ頃の森の駅

H220711MMediaHouse.JPG

13:30頃の豊原にあるマルチメディア館

「シラヒゲウニ」
沖縄県で食用にされているウニは「シラヒゲウニ」だ
今が収穫のピーク

H210609arbuUni.jpg

この画像は、去年のもので
ABが採ってきてくれたので、自宅でさばいた物
肉厚があって、取り立てはとにかく美味

昨年は、辺野古の海で異常発生したというが
多くは、種苗を放流し
漁獲制限を行っているのが現状

ウニ漁の盛んな古宇利島では
「今年の漁獲は少ない」と言う

詳細は「沖縄県栽培漁業センター」のホームページを参照

名護市・古宇利島観光
7月09日(金)
前日テレビのニュースで
古宇利島のウニ漁のことが流された
今年の収穫期間は長くはないと言っていたので
「ウニ丼」を食べに出かけた

H220709Hanejidam.JPG

辺野古から古宇利島へは
羽地ダム周辺の横断道路を利用するとかなり近い

羽地ダムの水は満杯だった
今年は、断水の心配はなさそうだ

H220709kohrijima.jpg

屋我地から古宇利島を望む

H220709kohriunidon.jpg

待望の「ウニ丼」・1500円
「ウニ丼」を食べに行ったのに
中に、海ぶどうと海苔が入っていた
昨年に比べて、ウニも少ない

そのためかどうか、味が落ちているような気がした
残念ながら、私の食べて来たウニ丼の味とはほど遠い
又とは食べたくないと思った

後で気付いたことだが
この味のまずさは
ウニが古かったことにあったようだ
実を言うと
昨日の夕飯は、ウニ丼にした
味が明らかに違っていた

H220709kohriparlor.JPG

テレビで取材していたパーラー
古宇利大橋を渡った直ぐ右腋にある
テレビに出ていた女主人にそれとなくウニ丼の期間を聞いたら
テレビと同じく、「ウニが採れないので8月までかねえ〜っ」とのこと

ここのウニは、「本日採りたて」と言うことだった
次ぎ行くときは、ここのウニ丼を味わってみたい

H220709tanodakeview.jpg

多野岳から望む羽地内海
右奥の島が古宇利島

多野岳は、標高385m
夏でも、夕刻になると肌寒さを感じる
昔は、防空ホークミサイル基地があったが
現在は、ホテルがある

昨日の夕飯
ハワイ在住の叔母が沖縄に来ている
ステーキ肉を差し入れて貰ったので
痛風覚悟で、味見をした

ついでに宜野座村内の某店で仕入れた「ウニ」
ご飯も100円で弁当箱一杯
この店一つで全てが完結するほどで
生鮮食品が豊富だ

H220710夕飯自宅.jpg

ちょっと欲張りすぎた
食べ終えて後暫くは、身動きが出来なかったほどだった
それにしても久々のTボーン・ステーキ
これで、ステーキ半分
男の手のひらサイズ、1.5p厚

これに「ウニ丼」と刺身にサラダ
ソーメンスープ

イヤ〜っ
まいった
まいったっ 揺れるハート わーい(嬉しい顔) 7

古宇利島の一部の食べ物屋さん
「ウニ」はなんと言っても新鮮さだよを
一部とは言え
日にちをおいたウニを食わしてしまう様なことがあると
古宇利島全体のイメージダウンに繋がるのではないかなあ〜っ
考え直した方が良いと思うよを

一日置いたのであれば
翌日は
「ナーベーラー・ンブシー」にしても良いはずだよ
なんで
昔はそうして食べたさー
ウニが卵の代わりだっのよを〜っ
忘れた訳ではないだろう

自分でつくった方が美味しいともなれば
店で出せる心境にはならんだろう

まっ
多分、一部の店だけと言うことだろうがね

あっ

それと

あの具
何とかならんのかねゑ〜
せっかくのウニの味が死んでしまって
全く持ってもったいない

ウニを食べに行ったんだから
ウニのみで良いんではないかあ〜
別皿に出すのであれば問題はないのだがね

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 15:57| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

あの有名店が今は

平成22年8月2日(月)

中部観光を終えて
その昔、アマチュア無線仲間が中部観光というと
「米軍のゴミ集積所」「米軍放出電気関係取扱店」
等を回るコースが主だった

今は、生活用品探しが主な目的になっている

昨日は、沖縄市与儀の国道329沿いにある家具屋へ出かけた
左側にはブランド家具を取り扱った店と
その右隣に、、隣り合わせの空間を共有した
「委託販売」や「アウトレット」、「逸品物」等を取り扱った
「TODAY O!K」(トゥデイオーケー)と言う店がある

この店で
永年探していたカウンターバーにも出来る
「キッチンカウンター」を見つけた
キャスターは付いていないが
キャスターを取り付けた台に乗せれば使えそう
水曜日に届けるというので早速購入した わーい(嬉しい顔)

辺野古市営住宅は築27年にもなる
間取りが古く、利用勝手が悪い
収納も少なく、押し入れはかび臭くて困る がく〜(落胆した顔)

その上、床板を支える木材がゆがんでいて
間伐材を使っているように見えた
そのためか、修復しても直ぐに元に戻る
お陰で、歩けば床は凹むし
食器棚もぐらぐら動く

その様な環境であっても
何とか暮らして行けそうに思えてきた
そのために
収納物の簡素化と
住環境の整備を、ぼちぼちやっている

昼食は、中部の有名店
昼食は、中部ではかなり以前から
ランチタイムバイキングをやって来た
某有名店へ行った

以前に、「み〜な」と一緒に昼食に行った店で
「まずい」と言われた店だ

まずかった

信じられないが
あのメニューで、あの料金はない
最早、他の人へお薦めできる店ではなくなった
とても残念だ もうやだ〜(悲しい顔)

しかし
利用者側にも問題点がある

高齢者夫婦が
恐らく食べきれないと思うほど、料理を皿に盛っていた
この様な事で残されてしまったとしたら
作る側も堪ったものではない

バイキングの料金は
これを利用する人達のマナーによっても違ってくる
金を払ったのは確かにその人だが
食材を残してしまうなどと言うのはいかがなものだろうか
利用者が、適量を満遍なく食べてこそバイキングだ

片寄って、必要以上に盛りつける事も
皆で食べるからと言って大量に他の人の分まで装う事も
取り寄せた食材、例え米一粒を残す事も
マナー違反なのだという事を心得るべきであろう

残念な事だが
バイキングマナーが
未だに改善されていない状態だ

辺野古軽音楽倶楽部出前ライブ第3弾
前回のコメントに次のような事が書かれていたので紹介したい

***************************************
辺野古軽音楽倶楽部出前ライブ第3弾

期日:8月8日(日曜日)
時間:夕方5時演奏開始
場所:辺野古ドリーム
料金:入場無料

今回はこれまでのしっとりアコースティックから、
夏の暑さを吹き飛ばすがんがんバンド達です。

出演トシヒトロックバンド。
青年会ベンチャーズ。
クシの後輩尚一。
飛び入りでフォークその他。
沖縄タイム無し。
時間どおり始めます。
宜しくお願いします。

27期会長
***************************************

前回は、「ずみ」だったが
冷房が効かず、あまりの暑さで外に出てしまった
今回はドリームだというが
この暑さ
乗り越えられるかどうか
今から楽しみにしている

参加者へお願いがある
入場無料だからこそ
せめて何か一杯は、自分でオーダーして呑んで貰いたい
出来れば、何か食べるのも

ドリームのため
地元音楽愛好家のためにも 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

さて
今夜は「ポニー」へでも行ってみようと思っている
万能スープに飽きたのがその要因
考えてみれば、一週間以上に亘り食べ続けてしまった
飽きて当然だ 猫

では、シャワー浴びてくるっ 犬 眼鏡 モバQ

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 18:42| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

石垣島観光

平成22年9月8日(水)
書いていて気づいたのだが
Seesaaブログがこの前のメンテ後に
ブログを書いている最中
勝手にトップへ移動する不具合が起こっていたが
どうやら解決したようだ

まずは
担当の皆さんお疲れ様
それと、対応してくださりありがとうございました

次は、書きかけデータのバックアップと
書いたデータが
直接投稿画面として見られるようにして貰えばありがたい

では、本文
石垣良いとこ一度はお出でゑ〜っ
9月4日(土)、9月5日(日)
石垣島を堪能したが
またまたポカをやらかしてしまった

5日(日)〜7日(火)の画像を全部消してしまった
証拠が無くなってしまい
話の信憑性が薄れてしまったが
幾つかは残してあったので、とりあえず記録したい

月曜日の10時頃の便で石垣を発って
11時頃にはもう那覇空港
那覇市老連の事務局に迎えに来て貰い
直ぐに午後から開催される
高齢者向け「体力測定」協力員に対する指導と講演ということで
安謝にある高齢者の施設へ移動

16:30まで講演と測定方法の指導
その足で自動車道経由事務所へ向かった

道中面白いことがあった
自動車道の場所は忘れたが
後ろから相当高速で追い抜いて行った乗用車があった
私は、「こんな時に覆面でもいれば」とか
「これを許して、ちょっとオーバーは捉まえるのか」などと
腹立たしい気持ちで走行していたら

なんと
あの乗用車が捕まっているではないか わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)
思わず
「悪は滅びる」と思ってしまった わーい(嬉しい顔)
それと同時に、救われた思いがした

覆面さん、ありがとう
今後ともがんばってくれ
それと
私の時は見逃してねっ 犬
とかなんとかっ

ただこれだけのことっ

事務所にて
明日の火曜日は、東村行きだ
東村は、宮里藍の出身地
北部地区老人クラブ連合会主催の
グラウンドゴルフ大会があり
私は、パソコンによる得点集計を担当した

上位5チームは
12月2日に、石垣市で開催される
沖縄県老人クラブ連合会主催の
グラウンドゴルフ大会に派遣される

名護市から
優勝した、辺野古チーム (私の地元)
二位の、大西チーム(私の担当する支部)が参加する

と言うことで、名護市老連では
石垣市老連事務局にお願いしツアーを予定している
元気だったら12月にはまた行ける 揺れるハート わーい(嬉しい顔)

明日から三日間那覇市
体力測定要員の指導が続いている那覇市だが
明日から3連ちゃんだ
移動する時間が実にもったいなく感じている
それでも引き受けた仕事だから
最後までやり通そうと思う

明日は、10時出発だから出勤は出来ない
那覇へ直行だ
問題は、私の仕事がどうなるかだ 犬

石垣島観光の一つ「石垣島天文台」
石垣島天文台は以前から行きたいと思っていたところだが
台風による破損などもあって
行くこともかなわなかったが
今度は見ることが出来た

H220905石垣島天文台.JPG

石垣島天文台

H220905天文台反射望遠鏡.JPG

反射望遠鏡

H220905反射望遠鏡接眼部.JPG

接眼部

H220905from天文台.jpg

天文台からの眺望
竹富島が見える

H220905天文台アクセス路.JPG

天文台からの帰り道
「ヨーゲーヒーガー」の道を下る
(ゆがんだり曲がったりの意):カーブが多いこと

石垣島局−国立天文台
石垣島には光学式(自分の目で見ることが出来る)の天文台と
電波望遠鏡で観測する天文台・石垣島局がある

H220905電波望遠鏡位置.jpg

近くのダムから撮影
すり鉢状の地形の中にある
廻りからの電波の侵入が防げる

H220905電波望遠鏡.jpg

自由に中には入れた

H220905水素原子時計.JPG

水素原子時計とのこと
天文台にとって時間派より正確でなくてはならない
原子時計によって観測データが管理されている

8月に、沖縄の高校生が発見した星は
9月には、新発見と認定されるなど
一般への開放も行っている

石垣島天文台の詳細は次にて
http://www.miz.nao.ac.jp/ishigaki/

ホームページには次のように書かれている
石垣島天文台は、自然科学研究機構国立天文台、石垣市、石垣市教育委員会、NPO法人八重山星の会、沖縄県立石垣青少年の家、琉球大学の6者の連携による新しいタイプの天文台です。」

石垣島局−国立天文台
VERAの4局目にあたる石垣島局は、石垣島の中央部にあたる名蔵地区にあります。他の3局に比べて1年遅れで建設され、2002年3月に完成しました。」
詳細は次にて
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/network/ant_ishigaki.html

事前に申し込めば
夜の観測会へ参加も可能だと聞いた
事前に調べて行った方が効果は大だが
曇天ではやむを得ないのが天体観測
その時は潔くあきらめて
夜の観光へ繰り出すべし

では、また 犬 眼鏡 モバQ

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 14:48| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

八重山へ行って来た

平成22年12月5日(日)

八重山へ行って来たのは良いが
多忙でブログを書くのが遅くなってしまった
遅ればせながら
今回は旅行の概略だけを載せておく

ちなみに、明後日火曜日は
名護支部老人クラブの忘年会
と言うことで明日はその準備
またまた書けない事になるのかも知れないが
まずは、あらすじだけでも

八重山
八重山に付いての詳細は次のサイトで
Wikipedia
「石垣島は沖縄県に属し、県庁所在地である那覇市との距離は南西に410km以上離れており、その距離は東京から岐阜間に相当する。逆に台湾とは270kmしか離れておらず、地理的には日本のほとんどの地域よりも台湾に近い場所に位置している。」 (以下略)

石垣島ってどんなところ

石垣島閑話講座

初日:11月30日(火)
まずは、その初期目的達成から
今回訪問した最大の目的だ

石垣市老人クラブ連合会の「農園」事業見学
身体を動かすことによる健康増進が目的だが
子どもたちとのふれあいや、収穫の喜びもある

H221130NohyenHohmon.JPG

石垣市老人クラブ連合会の「農園」
一人一区画の自己責任栽培

H221130souvenirpicture.JPG

農園でまず来島の挨拶

西回り観光
唐人墓

H221130Tohjinhaka.JPG

詳細は次の
「Okinawa information IMA・石垣島」を参照

黒真珠

H221130Kuroshinju2.jpg

黒真珠・その値段には驚かされた

川平湾

H221130Kabira.JPG

その昔
対岸の小島へ泳いで渡ろうとした観光客がいた
おぼれて死んだんでぃ

二日目:12月1日(水)
「西表・由布島・小浜島」
のコースを選んだ
これに、「波照間」を含んだコースもあったが
海が荒れると欠航となるのでやめた
ちなみに、この日は凪だった

西表観光
高速船で石垣から西表へ

H221201Yamanekocare.JPG

イリオモテヤマネコの飛び出し注意の表示
「子供の飛び出しはないが
猫の飛び出しは頻繁」だとか

由布島
今では有名になった
水牛車に乗って海を渡る

H221201yubujima.JPG

結構広い島だった
昔は人も住んでいて、学校もある程だったが
台風被害で西表に移り住んだという

仲間川・マングローブ
「マングローブ」は
ヒルギが群落をなした状態を言う

H221201byboat.JPG

ボートで仲間川のマングローブ観光

H221201suohnoki.JPG

サキシマスオウ
沖縄本島にもあるが、これほど立派ではない

小浜島
NHKの「ちゅらさん」で有名になった「小浜島」へ
小浜島は、周りを珊瑚礁に囲まれているため
西表からアクセスすると、遠回りで入港する

H221201KohamaIshigaki.JPG

昔ながらの石垣と「ヒンプン」
(門から家屋内が見えないようにした石垣)

3日目:12月2日(木)
沖縄県老人クラブ連合会の
グラウンドゴルフ大会


H221202KenGG.JPG

「新石垣空港」建設現場を観る

H221202newairport.JPG

玉取崎展望台

H221202tenboh.JPG

東海岸が一望できる「玉取崎展望台」から
石垣島北部方面を望む
画像中ほどの入り江は「船越」(ふなくやー)
東シナ海と太平洋の隔たりは300メートル

詳細は「島の祭り」参照

伸介の店

H221202shinsuke.JPG

伸介のガイドが立つ「伸介の夢!トムル」

明石食堂
八重山そばが美味しいと評判の
「明石食堂」

H221202akashisyokudoh.JPG

「美味」だ
私は、スープも全部飲み干した

石垣島の最北端

H221202saihokutan.JPG

石垣島の最北端「平久保崎灯台」

四日目:石垣市内観光
○ 宮良殿内(みやらどぅんち)

H221203miyara.JPG

かみやーき小
石垣島のお土産の一つに「かまぼこ」がある
その中でも最も美味しいと評判の店「かみやーき小」

H221203kamaboko.JPG

辺野古の知り合いの姉さんが嫁いでいると言うが
一度もお目にかかったことがない

広大な「新埋め立て地」
石垣島は、名護市に比べて平坦地が多いが
それでも盛んに埋め立てを続けている

H221203umetate.JPG

広大な新埋め立て地「八重人工島」
に向かう橋「サザンゲートブリッジ」

八重山みんさー織り
昔からある「みんさー織り」のデザインは
まるでルイビトン

H221203aizome.JPG

みんさー織りを詳細に紹介している

帰る
と言うことで帰って来た

H221203wayhome.JPG

沖縄⇒石垣 1時間
石垣⇒那覇 50分

名護⇔那覇 1時間20分
那覇からだと名護に行くより近い

もし可能なら
次回はその詳細を書きたい

では
これからブランチ

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 13:57| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

全国一早い「さくら祭」

平成23年1月23日(日)

多忙な上にパソコンが無い
自宅のパソコンがいかれてからと言うもの
自宅でブログが書けないでいる

ノートPCはメモリーを2ギガへアップしたので
そこそこの利用勝手を保っている
少々重量があるのと
画面に光沢があるのが難題だ

と言う事で
永らく書けないでいたので
これまでの諸行を記しておきたい

「老人の意見発表大会」
1月18日(火)
沖縄県社会福祉協議会主催
沖縄県かりゆし長寿大学校で体力測定とその評価で講義

1月19日(水)
中部地区老人クラブ連合会主催
「健康づくりリーダー養成講習会」で講義と実修

1月20日(木)
名護支部老人クラブ・役員会

1月21日(金)
沖縄県老人クラブ連合会主催
「老人の意見発表大会」が金武町で開催された
私は発表者の送迎

H230121意見発表kin−2.JPG

金武町だけに、発表者は皆緊張していた 犬
それぞれの長い人生で培ってきた生き様を
老人クラブ活動と絡めて発表していた

「紅葉」
昨日は一日かけて花見観光と相成った
その前に「道の駅・許田」へ
何でも年末ジャンボで3億円の当たりくじが出たとか
私も購入すべく出向くことにした

許田へは宜野座村潟原経由
農地改良地の農道がかなり近道だ
道中、野山の紅葉がきれいだった

沖縄で紅葉する木は少ない
最も知られているのは「ハゼ」だ

H230122haze2.JPG

宜野座村潟原と名護市の境界付近の農道で撮影

紅葉は今が最高にきれい
名護城で
本土からと思われる観光客らしき人が
あれは「でいご」だと説明していたとか 犬

H230122nago紅葉2.JPG

名護城の紅葉
桜を期待して行ったのに・・・眼鏡

道の駅・許田
道の駅の中でも最も成功した例では無かろうかと思う
かなりの繁盛ぶりだ

その上、宝くじがよく当たると言うことでも知られている

H230122許田道の駅2.JPG

今年もすでに3億円が出たとか
私も欲には勝てず買いに行ったが
今発売中の物は全て完売したとか
「ユクタカリムン」(:欲が集っている者)は私一人ではなかった 猫

H230122許田道の駅内2.JPG

画像ではよく分からないが
とにかく人でごった返していた

名護さくら祭
桜祭りの会場と成るのが「名護城」

H230122nagosakura祭2.JPG

階段の沿道の桜は未だ開花していない
さくら祭は今週の末の土〜日だ

H230122nagosakura2.JPG

まばらに咲いている桜の花に
その蜜を吸いに来たメジロ

H230122nagosakura-2.JPG

東江中学校 ???
付近で唯一咲いていた

本部町「八重岳さくら祭」
本部町の八重岳さくら祭は
全国一早いさくら祭として売り出している
私は本部町よりの八重岳登山道から入った
画像を掲載しておく

H230122mtbsakura-1-2.JPG

H230122motobusakura2.JPG

H230122mtbsakura3-4.JPG

H230122mtbsakura-3.JPG

沿道は人も車もひっきりなし
登山道最終地店の駐車場まで人、人、人、車、車、車

帰路は伊豆味方面に抜けようと
脇道に入った

H230122mtbtankan-2.JPG

ここにはミカン(タンカン)が鈴生り
無人販売店もあった

そして抜け出したところは伊豆見の予定が
すでに名護市

名護のさくら祭は完敗か
これまでは名護のさくら祭が日本一早く行われ盛大だったが
今、花見と成ると本部町に軍配が上がる
一番の魅力は
車に乗ったまま、その全てが観られること
登山道すべの両端に植栽されていて
時間的にも十分な長さだ

名護市は、今後観光スポットをどうつくるかが課題だ
道の駅は今それを達成しているのだが
その周りに対する波及効果は期待できない
今からでも遅くはないから
どうにかして貰いたいと思う

辺野古軽音楽同好会ライブ
名称は確かこのような感じだったと思う
ここの世話人「運玉義留」も
にわかに「ゼネラルマネージャー」を名乗っていた

H230122ponyline-1.JPG

「辺野古軽音楽同好会ライブ」が
スナック「ポニー」の少スペースで行われた

月一程度開催している
グループや個人計5チームが演奏した

せっかくの演奏だったが
「米兵」の一部グループが大声を出して話したりなど
演奏を聴くという心構えが成っていない

海兵隊の
しかも一般兵だからこの程度ではあるのだろうが
それにしてもマナーはほしかった

連中が帰ってからは実に静
ライブもしっかり時間をかけて終了した

とたん
カラオケが始まり(私がそそのかしたのだが 犬
直ぐにダーツも始まった

やっと自分の時間が来たという感じ わーい(嬉しい顔)

ここまでで
カメラの電池切れ

と言う事で
これにて失礼する

じつは
ダンパチヤー(散髪屋)を予約している

国道58号線は今渋滞の真っ最中
大方
「美ら海水族館」帰りの観光客
「八重岳の桜」見物帰りの人々では無かろうかと思う
急ぎ帰らなければ 犬 眼鏡 モバQ

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 17:33| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

ラッシュアワー

平成23年1月24日(月)

一月もいよいよ最後の週
月日が経つのは早いと昨年確かその様なことだったが
一月も終わりに近づいた
仕事が立て込み始めているのに
遊びも
友達付き合いもひっきりなし
竜宮城も私を招くし
この年度末をいかに乗り越えるかが大きな問題となってしまった

と言うのも
次年度は、事業を三つカットすることに決まった
ただこれだけのことだが
私としては、3週間分の仕事が減ることになる

次年度こそ
自分の時間を持ちたいと願っている

交通渋滞
名護市役所の交差点を中心として
許田(道の駅・許田)から日ハムのキャンプ地名護球場を過ぎて
羽地に至るまで
夕刻の渋滞は深刻だ
未だに車両のエンジン音が響いている

H230123渋滞1.JPG

昨晩退出しようとしたらご覧の有様

H230123渋滞-2-1.JPG

通常の退出は、右折して国道に入るのだが
かなりの渋滞

国道と平行している
市役所向かいの城通りも渋滞しているように見えた

H230123渋滞-3-2.JPG

あきらめて右折
国道の渋滞の中をのろのろ走らせた

交通渋滞を引き起こす要因は何か
1.北部へ抜ける西海岸線はこの道一本だけ
  その対策として今、バイパス・トンネルが掘られている
  それでも渋滞は避けられないと私は見ている

2.「美ら海水族館」への最短アクセスもここを通る

3.北部のダム建設への通勤路でもある

4.名護市内にある職場も殆どは市役所周辺か為又付近

5.交差点も多くその分信号も増える
  赤信号を待つのもいらいらするほどだ

これだけでも渋滞要因としては十分だ

運転マナーも渋滞の要因
ところが
渋滞に拍車をかけるドライバーがいる
私は、真の要因は
こいつ等ではないかと思っている

1.信号待ちなどで停車する際
  前の車との車間を広く取りすぎる

2.その上に、すぐ前の車がスタートしても
  しばらくは動かない
  何をしているのか分からないが
  後ろから警笛を鳴らされて初めて動く

3.交差点などで前方が渋滞しているのに
  自分まではとばかりに突っ込んでくる
  渋滞している交差点に車を突っ込むのは違法なはずだが
  お陰でこの車両が先に進むまで進路変更車両は身動きが取れない

4.前方車両との車間距離が約80m
  60キロ地点を40キロ走行
  その上追い越し車線の車両ものろのろと数台が繋いでいる

5.前方車両とずいぶんな車間を保って交差点で止まった
  その止まった車両の左手には車両の進入路がある
  私は左折してその道に入りたいが
  車を少しだけでも前に進めてくれれば入れるのに
  一向に後ろまで見てくれない
  たびたびクラクションを鳴らす

6.前の車に接近しようと車を進める
  接近しすぎて急ブレーキを踏んだり車間距離を大きく取る
  後続の車も同様になる

  一度の何気ないブレーキやスロースタートが
  最後尾に伝わるのは
  一台がやったことが二台分となりそして数台分と成って
  ずいぶん後になってから後方へ伝わる
  その間、訳も分からないところで渋滞が起こる

名護で起こっている渋滞は異常だ
私は、16時以前に退出するか
それが出来なければ、20時頃まで事務所にいる
その方が気持ち良く帰宅できる

昨晩もかなりの渋滞
消防横から裏に回り警察署の裏道を通過した
その間国道の車両はのろのろ運転だった
世冨慶交差点へ抜けて信号待ちと成った

なんと
国道の車両はスムーズに流れていた

この間の渋滞はいったい何だったんだろうか
実に無駄なCO2排出が起きている

何とかならないものだろうか 犬

`*:;,★ 〜☆・:.,;*`*:;,.★ 〜☆・:.,;*`*:;"`*:;,★ 〜☆★
posted by nagmas at 20:16| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Pingoo!カフェ
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。